請求漏れを防止〜TODOがひと目で分かるダッシュボードと未請求通知メール

納品基準で請求する受託ビジネスの場合、納品が重なる月末と請求処理のタイミングが重なってしまいます。そんな忙しい中、どの請求書を発行済みだったのか、いちいち気にしながら仕事をするのはストレスが溜まりますし、請求が多いと、当然請求漏れのリスクもあります。

そこで、boardでは、ダッシュボードに未請求数・未請求一覧が表示されます。また、「締め日」も考慮して、締め日までに未請求で残っていたら、ダッシュボード上でひと目で分かります。

 

 
 
 
また、boardのようなシステムの場合、毎日ログインするとは限りません。そのため、請求書発行期限の朝に未請求が残っている場合、メールでも通知されます。
 

タスク管理のGTDの概念を取り入れ、バックオフィス業務を頭の中で管理するのではなく、自動的にリストアップ・通知されるようにして、気を使わなくて良いようにしています。
 
 

board事例インタビュー

請求書作成が圧倒的に楽に。売上の見込みもグラフ化され、見通しが掴みやすくなった
ギビングツリーパートナーズ 代表取締役 中川氏

請求書の作成が定型化されたので圧倒的に楽になりました。また、売上の見込みもグラフ化され、見通しが掴みやすくなりました。受託向けのイメージが強いですが、弊社のような業務委託型の研修事業をやっている会社でもうまくフィットしています。

続きを読む
‹‹ セキュリティを強化しよう〜2段階認証とIP制... 担当者ごとにソートして送付状付きで一括印刷〜... ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です