業務に必要な機能は全て揃っていて、分析で気づきを与えてくれる。そしてこれだけの機能をこの価格で使えるのは驚き。



アクティア 取締役COO 高崎氏にboard導入の経緯や効果を伺いました。

御社の事業内容を教えて下さい。

モデル駆動型開発によるシステム開発を行っています。
モデル駆動型開発というのは、設計情報(弊社ではUML)を作成すると、それを元にある程度プログラムを自動的に生成するという開発の手法です。

一般的に、お客様さんはソースコードを読めないことが多いので、お客様さんがわかるように、システムをモデルという抽象化した情報で見える化することで、システムがどのようなものか把握して頂くことができます。特に保守フェーズにおいて、きちんとした情報が残っていると、関係者がシステムを理解しやすく問題が起き難いこととになります。
もちろん、きちんと設計書を書いてメンテナンスしていれば問題ないですが、それができていないケースが多いかと思いますので、モデル駆動型開発の場合は、設計情報からコードを生成することで、必ず設計情報がある状態になります。

もちろん、必要な全てのコードが生成できるわけではありませんが、スケルトン(骨組み)からもう一歩踏み込んでビジネスロジックまである程度できるようになっています。

また、自社でも、モデル駆動型開発を活用してで営業支援サービスかけるくんを開発しています。モデル駆動型開発の特徴を活かして、お客様ごとに必要な項目やフロー、機能をカスタマイズしやすいサービスとなっています。


boardをどこで知りましたか。また使うことにした理由を教えてください。

BPStudyの時に、田向さん(弊社の代表)から聞いて知りました。かなり初期の頃で、β版を出す前後くらいだったかと思います。

最初に見た時の印象は、必要な機能がほぼ揃っていつつも、シンプルにまとまっていて使いやすそうに感じました。
また、「バックオフィス業務のために起業したのではない」というキーワードもとても刺さりました。御社と弊社は会社の規模感も同じくらいなので、抱えている課題感なども似ているのだと思います。そのため、自分たちの課題を解決するために必要なものが用意されているという状態でした。

弊社でboardのことを最初に知ったのは私ですが、経理業務などは社長が行っていることが多いので、社長にboardのことを共有しました。その上でも、弊社の業務を行う上では問題なさそうなので使ってみることにしました。


boardを使う前は、関連業務はどのように行っていましたか。

見積書はExcelで作成していたのですが、請求書は自社で作った簡単なプログラムがあり、そこで作成していました。
ただ、そのプログラムはWebではなく社長の端末でしか動作せず、また簡易的な作りだったため、請求書の内容を入力するのも手間でした。
当時は請求書の発行枚数がそれほど多くはなかったのですが、それでも毎回社長に作成・発行を依頼しなければならないという状況は課題でした。


boardは、どういうメンバーでどのように活用していますか。

社長と私の2名で使っています。

弊社では見積書を作成するのがこの2名で、それぞれ捺印権限は持っているので、捺印申請などはせず、各自が担当している案件の見積もりを登録し、請求のタイミングになったらそれぞれで請求書を発行しています。

新しい案件をboardに登録するのは、ある程度確度が高くなってきたタイミングで登録しています。営業の早い段階では、現在、自社で開発している営業支援サービスの方で、ドッグフーディングを兼ねて登録・管理しています。


boardを導入して効率化された業務はどのような業務ですか。

以前使っていた請求書作成プログラムは、特定端末でしか動かせなかったので、社長しか請求書発行作業ができませんでした。現在は、私も登録・発行ができるようになったので、それが一番大きかったです。

boardでは、案件ごとに情報がまとまっているので、boardを見ると案件の状態を把握することができます。請求書の発行を忘れがちなのですが、boardではアラートも来ますし、画面上もわかりやすくなっているので助かっています。

また、他の担当者の案件の状態も見えるので、例えば新しい案件が立ち上がったことを把握できたり、請求書を発行し忘れていても、他のメンバーが気づいたりすることができます。口頭で情報共有できない時もありますので、boardを見ることで情報共有の場にもなっています。

また、案件情報や見積書を登録するだけで、自動的に発注書や請求書などが生成され、必要なものが全て揃っているのも助かります。

分析機能は頻繁に使うわけではないですが、特に「顧客別集計」は期末のタイミングで振り返ったり来期の戦略を考えたりする時に便利です。どのお客さんの仕事が多かったかという自分たちの感覚と実際の割合が異なっていることもあり、気づきを与えてくれます。


boardへの要望を教えて下さい。

現時点では、業務上困っていることはないので特にないです。
機能が増えすぎてごちゃごちゃしてしまわないように、シンプルなままでいて欲しいですね。


その他、boardについて何かあればお願いします。

「バックオフィス業務のために起業したのではない」というキャッチコピーは本当にその通りだと思います。特に小さいベンチャーにとって、その部分に時間を割けません。

boardは、業務に必要な機能は全て揃っていて、分析までもきちんとできるので気づきを与えてくれます。そしてこれだけの機能をこの価格で使えるので本当にお勧めです。
‹‹ 営業としても経理としても業務効率化。見積書や... UIがシンプルで非常に使いやすく、ダッシュボ... ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です