権限設定・操作履歴

boardでは、利用シーンに合わせて「管理者権限」「責任者権限」「担当者権限」の3種類を用意しています。また、主要な操作は、自動的に操作履歴を記録してあり、管理者ユーザのみ、操作履歴を閲覧することができます。

ユーザ権限について


管理者権限

全ての操作が可能です。


責任者

業務系の機能はほぼ操作可能ですが、一部の設定系機能の利用をできません。
<利用できない機能>
・基本設定
・ユーザ管理
・書類設定
・書類デザイン
・予算管理
・お支払機能
・操作履歴閲覧


担当者

担当者は、一部の業務系機能のみ利用可能です。また、自分自身が登録した情報のみ参照することができます。
<利用可能な機能>
・案件管理
・発注管理
・担当者登録
・発注先担当者登録


捺印権限について

boardでは、上記3種類の権限とは別に「捺印権限」があります。これは、「捺印権限」があるユーザは、書類の捺印申請を承認することができます。また、申請なしで社印付きの書類を出力することができます。

捺印権限は、管理者または責任者権限のユーザに付与することができます。運用に合わせて設定してください。


操作履歴

登録・更新・削除などのデータ操作系の処理や印刷などの出力系の操作を行った場合、自動的に操作履歴が記録されます。
操作履歴では、誰がいつ、どのデータに対して、どのような操作を行ったか、が記録されます。

操作履歴は、管理者のみが閲覧可能です。




board事例インタビュー

請求書の作成、発送、会計システム(freee)への売上の計上が50秒で終わる
髙敏晴会計事務所 公認会計士・税理士 髙敏晴氏

boardとfreeeの連携機能を使うと、請求書の作成、メール発送、会計システムへの売上の計上という一連の作業がありえないくらい早く終わります。実は先日、実際どれくらいかかるか計ってみたら、50秒で終わったんです。

続きを読む
‹‹ お支払い・プラン・退会に関するFAQ 強固なセキュリティ対策〜暗号化・WAF・運用など ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です