board有効活用ブログ


保守契約終了をダッシュボード上で自動通知

保守契約終了をダッシュボード上で自動通知

IT業界では、システムの運用保守契約などを数ヶ月〜1年の単位で結ぶことがよくあります。契約終了のタイミングで契約更新有無や契約内容などを確認する必要がありますが、忘れがちです。
boardでは、「毎月請求パターン」で案件を登録すると、ダッシュボード上に、「今月契約終了する案件」が表示され、契約更新漏れが防ぐことができます。

続きを読む

セキュリティを強化しよう〜2段階認証とIP制限の設定手順

セキュリティを強化しよう〜2段階認証とIP制限の設定手順

boardで扱う情報は、企業にとって非常に重要な機密性の高い情報です。そのため、boardでは、いくつものセキュリティ対策を実施しています。しかし、近年、システムとしての脆弱性だけではなく、IDとパスワードによる認証を突破されてしまい、アカウントが乗っ取られるニュースが後を絶ちません。

そこで、boardでは、ログイン認証の強化のため、以下の2つの仕組みを用意しています。

続きを読む

請求漏れを防止〜TODOがひと目で分かるダッシュボードと未請求通知メール

請求漏れを防止〜TODOがひと目で分かるダッシュボードと未請求通知メール

納品基準で請求する受託ビジネスの場合、納品が重なる月末と請求処理のタイミングが重なってしまいます。そんな忙しい中、どの請求書を発行済みだったのか、いちいち気にしながら仕事をするのはストレスが溜まりますし、請求が多いと、当然請求漏れのリスクもあります。

続きを読む

担当者ごとにソートして送付状付きで一括印刷〜ワンクリック請求処理

担当者ごとにソートして送付状付きで一括印刷〜ワンクリック請求処理

一般的に、月末締めで請求することが多いかと思います。そのため、月末に当月請求の請求書を発行し、郵送またはPDFで送ります。

PDFで送れるケースは良いですが、まだまだ原本が必要というお客さまも多く、送付状・請求書を印刷して封筒に入れる作業が必要になります。

続きを読む

自動化を最大限に活かす〜保守などの毎月同額請求する案件の登録方法

自動化を最大限に活かす〜保守などの毎月同額請求する案件の登録方法

boardは、対象とする業界を限定することで、自動化を実現しています。
例えば、システム業界では保守契約があり、半年や1年単位で発注をもらい、毎月同額を請求する形が多いかと思います。また、Web業界では、ウェブサイトの運用を請け負うケースなども、毎月定額で契約することがあります。

続きを読む

boardが目指しているもの〜バックオフィス業務のために起業したのではない

boardが目指しているもの〜バックオフィス業務のために起業したのではない

会社を設立して3年半、総務・経理などの間接部門のメンバーはいないため、バックオフィス業務は基本的に社長の僕がやってきました。
見積書の発行、契約書・発注書の管理、請求書の発行、入金確認、メンバーのアサイン管理、営業、売上の予測・予実管理、キャッシュフローのシミュレーションなどなど。

続きを読む