請求日を2019年10月にしても税率が10%になりません。

すでに書類が登録済みの状態で、後から請求日を2019年10月以降に変更した状況と考えられます。

 

書類編集画面の各明細行のデフォルト税率は、新規登録時の請求日が2019年10月以降の場合は自動的に10%になりますが、既存の請求書の請求日を後から2019年10月以降に変更した場合、登録済みの明細行の税率は以前のものを維持します。

これは、消費税率の引上げに伴う経過措置により、2019年10月以降も8%で請求するケースがあるため、一律では税率10%に置き換えられないことによります。

 

これにより、対象の案件は、以下のいずれかの状況であると考えられます。

・boardが税率10%に対応する前に、2019年10月以降の請求日で登録されていた。
・初めに2019年10月より前の請求日で登録し、その後、請求日を2019年10月以降に変更した。
・古い案件をコピーして作成した後、請求日を2019年10月以降に変更した。

 

対応方法としては、以下のいずれかをご利用ください。

・書類編集画面で、各明細行の税率を手動で10%に変更する。
・ダッシュボードに表示されている税率変更対応状況から「税率一括変更画面」に移動し、対象の案件に「10%に一括変換」を行う。(詳細



‹‹ 「既に合計請求書に含まれている請求書が指定さ... 消費税8%と10%が混在する請求書があります... ››
一覧に戻る