freee連携

この機能を利用可能なユーザ権限
マスタアカウント 管理者 責任者 リーダー 担当者 カスタム権限
× × 設定次第

 

boardから「クラウド会計ソフトfreee」へ自動的に売上・費用のデータを連携することができます。

freeeとの連携をONにすると、board上で普段の業務を行うだけで、自動的に会計データがfreeeに計上されるようになります。

 

連携を有効にする

freeeのアカウントをお持ちではない方は、初めにfreeeのアカウントを作成してください。また、連携を有効するにあたって、同じブラウザ内でfreeeにログインしておいてください。

連携の設定は、上メニューの「設定→外部サービス連携」で行うことができます。

 

「外部サービス連携」で、「freeeと連携」ボタンをクリックします。

 

下図のようにfreeeの画面へ移動し、連携可否を確認されるので、「許可する」を選択してください。(freeeにログインしていない場合はログイン画面が出るので、ログインしてください)


 

連携を許可したユーザがfreeeの複数の事業所にアクセスできる場合、上記の「許可する」を押した後に下図の画面が表示されるので、連携先の事業所を選択してください。

*事業所が1つの場合は、この画面は自動的にスキップされます。

 

<freeeのユーザ権限に関する注意事項>
boardからfreeeへの接続可否は、上記操作で連携を許可したfreeeユーザの権限に依存します。この際、権限が不足しているユーザで上記の操作を行うと、下図のエラー画面が表示されます。

 

連携先の事業所に対して以下の権限を有しているユーザが、上記の操作を行うようにしてください。

■標準権限の場合
「管理者権限」または「一般権限」

■権限をカスタマイズしている場合
「取引先の閲覧」「取引先の登録」「取引の登録」「勘定科目の閲覧」「部門の閲覧」「品目の閲覧」「メモタグの閲覧」「メモタグの登録」の権限を付与してください。

権限が不足している場合は、上図のように不足している権限が表示されるので、その内容に応じて必要な権限を付与してください。

 

*連携完了後に、連携を許可したfreeeユーザから上記権限を外したり、同ユーザを連携先の事業所から削除したりすると、取引データを送信できなくなりますので、ご注意ください。

 

上記が一通り完了すると、連携が有効になり、以下の表示になります。

「設定」ボタンをクリックすると、後述の連携内容のカスタマイズができます。「連携履歴」では、連携した履歴や連携がエラーになった場合のエラー内容を確認できます。

 

業務に合わせて連携内容をカスタマイズ

上記の設定を行っただけでも自動的に連携できる状態になっていますが、連携内容をカスタマイズすることも可能です。

<共通設定>

「取引先の連携」の有無を設定することができます。この設定はデフォルトはOFFですが、ONにするとboardの顧客・発注先をfreeeの取引先として連携し、売上・費用の仕訳はその取引先と紐付けられます。

なお、取引先の連携は「名称」でマッチングし、同じ名称が存在しない場合は新規に登録します。そのため、表記ゆれなどに注意してください。

また、freee側で取引先を登録する際に、「株式会社」付きで登録しているかによって、board上でのマッチング対象の項目が変わるため、「取引先連携項目」として「正式名称」か「略称」を選択することができます。

<案件(売上)設定>

案件の連携有無および税区分を設定することができます。

案件の連携対象となる勘定科目は「売上高」です。

案件(売上)の連携が不要な場合はOFFにしてください。

税区分は、freee側の税区分として何を登録するかという設定です。何も設定しなければ「課税売上8%」として連携します。ほとんどの場合はとくに変更する必要はないでしょう。

<発注(支払)設定>

案件における売上とは異なり、発注の場合は勘定科目が自動的に確定するとは限りません。

未設定の状態だと「外注費」として連携しますが、発注区分ごとに、連携対象の勘定科目を設定することが可能です。

 

連携するタイミング

freeeへのデータの連携は、たとえば「連携する」というボタンを手動でクリックしてデータを送信するような仕組みではなく、普段の業務を行っていれば自動的に連携されるようになっています。

■売上の連携
請求一覧で請求ステータスを「請求済」に変更したタイミングで、自動的に売掛金として連携されます。

■費用の連携
支払一覧で支払ステータスを「請求書受領済」に変更したタイミングで、自動的に未払費用として連携されます。

ただし、二重送信をしないように、一度連携が完了したデータを再度「請求済」や「請求書受領済」にしても新たな連携は行われません。

 

非同期での連携

boardの外部サービスとの連携機能では、外部サービス側の都合によって利用できない場合(メンテナンス中など)でも、board上の業務に影響が生じないように非同期で連携するようになっています。

たとえば、請求一覧で「請求済」とした場合、そのタイミングですぐにデータをfreeeへ送信するのではなく、一旦board内のキューにデータを登録し、「請求済」の処理を完了させます。これにより、もしfreeeがメンテナンス中でも、board上の「請求済」にする操作は問題なく完了します。

実際のデータ送信処理はその後1分以内に自動的に行われます。そのため、「請求済」にしてから送信が完了するまでには、最大1分程度のタイムラグが生じる可能性があります。

 

エラーおよびエラー時の再送方法

何らかの原因で連携に失敗した場合、連携履歴画面に「エラー」と表示され、freee側からエラー内容を取得できた場合は、連携履歴画面にその内容を表示します。
 
【主なエラー原因】
・連携する勘定科目をfreee側で削除してしまった場合
→設定画面にて、別の勘定科目を設定し直してください。
 
・freee側で「年度締め」を実行し、該当年度が締まっている場合
→すでに締まっているため、連携しないか、一旦締めを解除してから連携してください。
 
・freee側がメンテナンス中または障害等によりAPI経由でのデータ登録ができない場合
→時間をおいて再度試してみてください。
 
・freeeのアカウントを削除した場合
→連携できませんので、連携を解除してください。
 
 
【エラー時の再送方法】
エラーになった場合は、一旦別のステータスに変更後、再度「請求済」「請求書受領済」にすることで再送することができます。
 

注意事項

・freee側で「年度締め」が行われると、その年度のデータはすべて連携エラーになります。board側で過去のデータを「請求済」にする場合などは注意してください。

・連携設定の画面は、freeeのAPIに接続できない場合は表示されません。freee側がメンテナンスを行っている場合などはしばらく待ってから再度試してください。

・連携を有効にする際、ログイン中のfreeeのアカウントと連携します。そのため、複数のfreeeアカウントを持っている場合は、まず連携したいアカウントでログインしてから連携を有効にしてください。

 

税理士・会計士の方へ

顧問先の複数の事業所にアクセスできる場合に、下記のお問い合わせ頂くことがありますので、合わせてご覧ください。

freeeとの連携を許可した後、エラー画面になってしまいます

freee連携の選択リストに顧問先の事業所がすべて表示されてしまいます。1社だけにすることはできますか?



会計システム向けデータ出力の共通設定 ››
一覧に戻る