boardヘルプセンター

board個別相談会オンライン(Googleハングアウトの使い方)

boardでは、検討中の方・使い方を詳しく聞きたい方・社内での活用を相談したい方などを対象に、個別相談会を実施しております。

参考:board個別相談会について

個別相談会は、ご来社頂いて直接お会いして説明させて頂いていますが、遠方の方・ご来社が難しい方向けに、オンラインでも実施しております。

ここでは、個別相談会をオンラインで実施する方向けに、Googleハングアウトの使い方を説明致します。

 

必要な環境

Googleハングアウトを使用するためには、PCにカメラ・マイクが接続されている必要があります。なお、カメラがない場合、または顔を映したくない場合は、カメラなしで音声のみで実施することも可能です。

こちらからboardの画面を共有してそちらに映しますので、画面共有+音声で説明致します。

 

個別相談会オンラインの流れ

1. 個別相談会のお申し込み(お申し込みについては、こちらを参照)

2. 日程確定後、招待URLをお送り致します

3. 事前にハングアウトプラグインをインストールしてください

4. 当日、時間になったらそのURLにアクセスしてください

 

事前準備(プラグインのインストール)

日程確定後、当日使用するURLを送りますので、事前にそのURLにアクセスしてみてください。Googleハングアウトを使ったことがない場合、最初にプラグインのインストールが必要になりますので、事前に実施しておいてください。

各ブラウザでの操作方法は以下のとおりです。(バージョンによって多少見た目が変わる可能性があります)

 

■Google Chromeの場合

Chromeは別途プラグインのインストールは不要ですが、初回アクセス時に下記のようなカメラとマイクへのアクセスの許可が表示されますので、「許可」をクリックしてください。

 

■Firefox・IE・Safariの場合

ハングアウトプラグインのインストールが必要です。

プラグインがインストールされていない場合は、招待URLにアクセスすると、以下のような表示が出ますので、プラグインをインストールしてください。

プラグインインストール後、再度招待URLにアクセスすると、ブラウザによってはプラグインの許可を求められますので許可してください。(下図参照)


*Firefoxの場合は下図のような表示になりますので、「今だけ許可」または「常に許可」を選択し「OK」を押してください。

 

Safariの場合は以下のような表示が出ますので、「信頼」をクリックしてください。なお、プラグインは2種類あるため、2回ダイアログが表示されます。


 

プラグインがインストールされていてハングアウトが利用できる状態になると、「ビデオハングアウトへの参加をリクエストしています...」と表示されますので、ここまで表示されれば事前準備は完了です。

 

当日の操作

当日、時間になったら招待URLにアクセスしてください。(上記のプラグインインストールは済ませておいてください)

プラグインがインストールされている状態でアクセスしたら、下記のような画面になり、ハングアウト中に表示される名前を入力してください。


 

なお、Googleアカウントをお持ちで、同一ブラウザでGoogleにログイン中の場合、自動的にGoogleアカウントが使用されます。

「参加をリクエスト」を押すと、招待元のユーザ側にリクエストが飛び、承認されるとハングアウトが開始します。

 

当日の注意点

・複数拠点から接続可能ですが、同じ場所(同じ会議室等)にいて複数台から接続すると、音声が乱れることが多いため、同じ場所にいる場合は1台から接続してください。

・ノートPC付属のマイクを使う場合、マイクの性能によっては、距離が離れていたり斜めからだと声が拾いにくいことがあります。可能な限り、近くでお話ください。
なお、複数人数で参加する場合、外付けのマイクがある方が快適にお話できます。



‹‹ board個別相談会 お問い合わせ方法 ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

boardは無料でお試し頂くことができます

boardは見積書・請求書を作成するためだけのシステムではありません。
ベンチャー経営者自らが、自身の業務を最小化しバックオフィス業務・経営管理を最大限自動化することを目指して設計した業務・経営支援システムです。
  • 見積書・請求書・発注書など必要な7種類の書類の自動生成
  • 定期請求・分割請求に対応した自動請求書生成
  • 受注だけでなく発注まで含めて管理可能
  • 月次処理をイメージした一括請求書発行
  • 見込み確度別の売上予測とキャッシュフロー予測
  • 業務忘れを防ぐダッシュボード・未請求通知
その他、多くの業務効率化の工夫が実装されています。


最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です