boardヘルプセンター

売上分析

案件登録後、書類登録が完了すると、自動的に売上の集計に反映されます。

売上分析では、確定した売上だけでなく、見積中の案件の確度別(高・中・低)の売上見込みを確認することができます。

売上分析画面では、下図のように検索条件に応じた月別売上のグラフ・表を表示します。
デフォルトでは、現在の会計期間のグラフを表示しています。




集計対象の金額について

boardでは、売上の集計対象は「請求書の金額」です。

案件登録後、見積書登録の際に「明細を他の書類に反映」をONにしたまま登録すれば、見積書の金額で自動的に請求書が作成されていますので、特に意識する必要はありませんが、「分割請求」の場合は、請求書の各月に自動的に分割はされませんので、各月での適切な金額を確認するためには、「分割請求」での請求書の金額にご注意ください。
参考:請求タイミング「分割請求」について


売上・粗利について

検索条件で「売上」または「粗利」を指定することができます。
「売上」は、請求金額の合計です。
「粗利」は、請求金額の合計から、案件原価及び発注金額を差し引いた金額です。


「自動契約更新を考慮」について

検索条件に「自動契約更新を考慮」という項目があり、デフォルトでチェックが付いています。

これは、定期請求で「自動契約更新」をONにしている場合に、契約期間終了後の未来の期間についても、自動更新する想定で売上・支払をシミュレートして表示します。

こうすることで、自動契約更新のものを考慮した、よりリアルな売上の見込みを確認することができます。

なお、定期請求で自動契約更新を使用していない場合は特に影響がありませんので、わざわざ外す必要はありません。

参考:請求タイミング「定期請求」について

確度別の売上

売上分析画面では、売上の集計を確度別に見ることができ、営業状況の把握や売上の見込み管理に活用することができます。

確定 受注ステータスが「受注確定」「受注済」の合計
見込高 受注ステータスが「見積中(高)」「受注確定」「受注済」の合計
見込中 受注ステータスが「見積中(中)」「見積中(高)」「受注確定」「受注済」の合計
見込低 受注ステータスが「見積中(低)」「見積中(中)」「見積中(高)」「受注確定」「受注済」の合計
グラフでは、デフォルトでは「見込中」「見込低」は表示されていませんが、凡例の「売上(見込中)」「売上(見込低)」をクリックすると表示されます。


売上・費用の集計ロジック

売上額の合計

売上額の合計は、シンプルに、受注ステータスごとに合計になっています。


費用の合計

粗利の計算で使用される費用は以下の3種類あります。
・案件原価

・発注(案件紐付けあり)
・発注(案件紐付けなし)

それぞれで加算条件が異なりますので注意してください。


<案件原価>
案件登録画面にて、案件とセットで登録することができる原価です。これは受注ステータスと連動して加算対象のステータスを判断しています。

例えば、「見積中(高)」ステータスの案件に登録されている原価の場合は、「売上(見込高)」の集計の費用として加算されます。



<発注(案件紐付けあり)>

案件に紐付いた発注の場合、受注ステータスを基準に費用への加算有無を判断しています。


例えば、

受注ステータス:受注確定

発注ステータス:見積中(高)

の場合、受注ステータス基準で判断するため、「売上(確定)」の費用として加算されます。


通常、案件に紐づく発注の場合、受注が確定すれば発注も確定するケースが大半だと思います。そのため、損益は常にセットで見るべきと考えています。
そのため、発注ステータスで加算先を判別してしまうと、受注ステータスと発注ステータスが異なる場合に、売上と費用が別のステータスに集計されてしまうことを防ぐため、このような仕様になっています。

上記の例のように受注ステータスと発注ステータスが異なるものが紐付いている場合は注意してください。


<発注(案件紐付けなし)>
案件に紐付かない発注の場合、発注ステータスを基準に加算先のステータスを判断しています。

例えば、発注ステータスが「見積中(高)」の場合、「売上(見込高)」の費用に加算されます。



特に、案件紐付け有無によって加算基準が異なる点にご注意ください。



顧客別集計 ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

boardは無料でお試し頂くことができます

boardは見積書・請求書を作成するためだけのシステムではありません。
ベンチャー経営者自らが、自身の業務を最小化しバックオフィス業務・経営管理を最大限自動化することを目指して設計した業務・経営支援システムです。
  • 見積書・請求書・発注書など必要な7種類の書類の自動生成
  • 定期請求・分割請求に対応した自動請求書生成
  • 受注だけでなく発注まで含めて管理可能
  • 月次処理をイメージした一括請求書発行
  • 見込み確度別の売上予測とキャッシュフロー予測
  • 業務忘れを防ぐダッシュボード・未請求通知
その他、多くの業務効率化の工夫が実装されています。


最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です