boardヘルプセンター

源泉徴収対象となる業務

源泉徴収は、個人の方への支払の場合に必ず発生するものではなく、業務内容によって変わります。給与所得以外で源泉徴収の対象となる主なものを整理しました。

主な源泉徴収の対象業務

・原稿料
・講演料
・デザイン料(コーディング料は対象外)
・モデル費用
・弁護士・税理士等の士業の報酬
・翻訳・通訳料
など。

特にデザイン料や原稿料などはよく発生するのではないかと思います。


詳しくは国税庁の「報酬・料金等の源泉徴収事務」をご参照ください。また、不明な点は税理士さん・会計士さんにご確認ください。



‹‹ 源泉徴収の納付管理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

boardは無料でお試し頂くことができます

boardは見積書・請求書を作成するためだけのシステムではありません。
ベンチャー経営者自らが、自身の業務を最小化しバックオフィス業務・経営管理を最大限自動化することを目指して設計した業務・経営支援システムです。
  • 見積書・請求書・発注書など必要な7種類の書類の自動生成
  • 定期請求・分割請求に対応した自動請求書生成
  • 受注だけでなく発注まで含めて管理可能
  • 月次処理をイメージした一括請求書発行
  • 見込み確度別の売上予測とキャッシュフロー予測
  • 業務忘れを防ぐダッシュボード・未請求通知
その他、多くの業務効率化の工夫が実装されています。


最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です