源泉徴収対象となる業務

源泉徴収は、個人の方への支払の場合に必ず発生するものではなく、業務内容によって変わります。給与所得以外で源泉徴収の対象となる主なものを整理しました。

 

主な源泉徴収の対象業務

・原稿料
・講演料
・デザイン料(コーディング料は対象外)
・モデル費用
・弁護士・税理士等の士業の報酬
・翻訳・通訳料
など。

特にデザイン料や原稿料などはよく発生するのではないかと思います。

詳しくは税理士さん・会計士さんにご確認ください。



‹‹ 源泉徴収の納付管理
一覧に戻る