*プレーヤー右側の「CC」ボタンでキャプションの表示有無を変更できます

キャプション 以下のキャプションをクリックすると、該当の位置から動画がスタートします

今回は、案件登録について説明していきます。

一般的な請求書サービスですと「見積書を作成する」「請求書を作成する」というように、書類を作成するという考え方になっていることが多いのですが、普段、仕事をする中では「A社からの受注・契約」というように、受注や契約の単位で考えることが多いのではないかと思いますので、それをboardでは案件と呼んでいて、1つの案件が1つの受注・契約となっています。

ですので、何かしら見積もりの引き合いがあった場合には、まずは案件登録からスタートします。

案件登録の画面では、このように、多くの項目がありますので、今回は、重要な項目をいくつか説明していきます。

まずは顧客。既存のお客さんであれば、選択してください。新規であればプラスボタンから登録することができます。もしくは、左メニューの顧客管理からあらかじめ登録しておいたり、CSVで一括でインポートすることも可能です。

次に案件名は、その取引の内容がわかる名称を付けてください。書面上に表示されたり、一覧に表示されたりするものになります。

次に受注ステータス。受注したかを管理するステータスになりますが、見積中の段階として「高・中・低」の3段階あります。これは、受注の見込みが「高いもの」「中程度のもの」「低いもの」となっており、これにより、簡易的な営業管理ができるようになっています。

また、売上分析のステータス別集計で、確度ごとの売上見込みを確認することができるようになっています。たとえば「見積中で確度が高い案件まで受注ができた場合の今期の売上」といった確認ができるようになります。

受注ステータスに関してもう1点。「受注確定」「受注済」というものがあります。どちらも、システム上は「受注したもの」という扱いになりますが、「受注確定」は受注は決まっているが、まだ発注書・契約書などのやり取りが終わっていない状態。「受注済」はそれらも含めて完了している状態というかたちで、2段階に分けて管理できるようになっています。

案件登録の説明は、少し長くなりますので、続きは次の動画で説明していきます。

チュートリアル動画
  1. boardの概要 (02:23)
  2. 案件登録1 (02:38)
  3. 案件登録2 (02:13)
  4. 一括請求 (03:42)
  5. 定期請求 (03:07)
  6. 分割請求 (03:07)
  7. 書類編集 (02:30)
  8. 案件一覧と請求一覧 (03:20)
  9. 請求業務1 (03:03)
  10. 請求業務2 (02:59)
  11. 入金確認 (02:18)
  12. 分析機能 (02:40)
  13. 発注登録 (02:40)