バックオフィス業務のために起業したのではない
単なる請求書作成、見積書発行システムで終わらない
必ず必要になる周辺業務の効率化までを考えて作られた業務・経営管理システム

boardとは

見積書・発注書・発注請書・納品書・検収書・請求書・領収書作成
+
周辺業務・経営の効率化


Board about

boardは、請求書作成や見積書発行を効率化するだけのシステムではありません。

書類作成サービスとしての基本機能はしっかりとカバーしつつ、
発注管理・案件単位の損益管理・営業の見込み管理・経営分析など、
中小企業の業務全体を効率化し経営を助けるクラウド型業務システムです。

いますぐ無料で試してみる

30日間無料ですべての機能をお試し頂けます

有料継続率99%を支える高い満足度・効率化効果

*継続率は2016年10月時点

実務にフィットするboardの特長

boardは、当初から現在でも一貫して弊社の経営者自身が企画・開発しているため、
実際の業務・経営をやっているからこそわかる使いやすさ・細かい気配りが大きな特長で、
ユーザの方々からも高い評価を得ています。

書類やステータスなどは案件単位に管理

実際の業務に合わせて、案件単位で書類を管理するのが大きな特長。

また、見積書を入力するだけで、発注書・発注請書・納品書・検収書・請求書・領収書・書類送付状を自動生成。通常、各書類はほぼ同じ内容なので、自動的に内容をコピーするので、いつでもすぐに出力可能。必要な時だけ修正。


まとめて行う業務を効率化する設計

請求処理はまとめて行うことが多い業務なので、ステータス管理やPDF出力・メール送信・郵送を一括で処理できるように設計。しかも自動的に送付状まで作成。


記憶に頼らない!業務漏れ防止の仕組み

請求漏れや支払い漏れは絶対に避けなければなりません。TODOを記憶に頼らずダッシュボードに表示。


経営判断に最も大事なことは見込みの把握

会計は過去の結果なので、会計とは別に見込みを把握できる仕組みが必要です。boardを使うと見積中案件を確度別に集計して売上予測を把握できます。

その他の主な機能

請求管理・入金管理

請求書の作成だけでなく、ダッシュボードに未請求件数を表示したり、請求期限にアラートメールを送信するなどの請求漏れ防止の仕組みも準備。また、請求書ごとではなく顧客ごとに入金予定額を一覧表示し、簡単に入金確認。

発注管理・支払管理

取引先への発注書の作成はもちろん、発注書の発行有無や支払状況の管理も可能。未払いもひと目でわかるので、支払い漏れも防止

案件単位の損益管理

案件単位で情報を管理するのがboardの特長。案件(受注)と発注を紐付けることができるので、案件ごとの損益管理ができます。

一括メール送信

差し込み文字が使えるので、名前や案件名を自動的に差し込むことができ、月末の請求書発行を1回の操作で。しかも、メール文をテンプレート化できます。

郵送代行

boardの郵送機能は、差出人に郵送代行業者の名前が入らないのが大きな特長。しかも1通170円と他社に比べて費用も安い。

窓付封筒対応

自身で郵送する場合に便利な窓付き封筒対応。全ての書類デザインで窓付きレイアウトのON/OFFが可能。しかも書類デザインエディタPro(有料アドオン)を使えば、微妙な位置の調整まで可能。

合計請求書

複数の請求書を合算して1つの請求書に。元の請求書は残るので、案件単位の請求情報もきちんと把握できます。

捺印申請

捺印申請がないと会社では使えない。でも複雑なワークフローは面倒。中小規模の会社をターゲットにしているから、そんなニーズにフィットするシンプルな申請機能

送付状

見積書や請求書を出力する際に自動的に送付状を生成してセットで出力することが可能。また顧客・発注先の情報を使って単体で送付状を作成することもできます。

書類テンプレート

同じパターンの見積書を作る時に威力を発揮する書類テンプレート。書類全体をテンプレート化して、登録時にそれを呼び出すだけで簡単に入力することができます。

品目管理

商品・サービスごとに金額が決まっている場合に便利な品目管理。見積書の摘要を入力していると自動的に品目から候補を表示。選択したら単価が自動的にセットされます。

予算管理

売上目標・損益分岐点・粗利目標を設定しておくと、売上の予測グラフに表示され、目標に対しての過不足がひと目でわかるようになります。

高機能なアドオン

より高度な機能、ニッチなニーズ、柔軟なカスタマイズを実現する有料アドオン(各月額数百円程度)を用意しています。

書類デザインエディタPro

フォント(11種類)・サイズの変更、表示位置の微調整など細かいなど、予め用意されているテンプレートを微調整することができるアドオンです。特に社印の位置調整やフォントの変更の用途でよく利用されています。

書類のバージョン管理

変更履歴機能では、各書類の変更履歴の自動記録、履歴コメント、最新データと履歴データの差分表示、履歴データから戻すことができます。また、見積書のみブランチ機能が利用でき、1つの案件で複数パターンの見積書を作成することが可能です。
*特許出願中

英語・外貨対応

見積書・請求書等の書類の英語対応と8種類の外貨を使用できるようにするアドオンです。
日本語用とは別に英語用の設定があるため、それぞれにあった書類設定が可能です。また、日本円への換算レートを指定することができ、分析機能には日本円換算金額が反映されます。

洗練された美しい書類デザイン


デフォルトデザイン
デザインA
デザインB
デザインC
boardの書類デザインは4種類。紙媒体を本業とするデザイナがビジネスにおける実用性とデザイン性のバランスを考えてデザインしました。
デザイン関係者が「これまで見てきたどの書類作成サービスよりもデザインが洗練されている」という理由でboardを採用するなど、高い評価を得ています。

また、メインカラーを変更することができたり、書類デザインエディタPro(有料アドオン)では、
フォント(11種類)・サイズの変更、表示位置の微調整など細かいカスタマイズができるようになっています。

boardの開発・運用・サポート

boardでは、ユーザの皆さまと近い距離感で開発・運用をしていけるように、以下のような取り組みをしています。

ロードマップ公開

boardでは、ユーザの方々・ご検討中の方々の参考になるように、主要機能を中心に開発ロードマップを公開しています。今後の方向性や追加機能の予定などをご確認頂けます。
ロードマップを見る

サポート実績の公開

初回回答までの時間の中央値を毎月公開。半数以上のお問い合わせを約10分前後で回答。しかも、ご要望については、開発責任者が開発の方針や全体のご要望状況を踏まえて回答しています。
サポート実績を見る

個別相談会

導入を検討されている方向けに個別相談会を実施しています。基本的な説明だけでなく、業務や課題を伺って、それに合わせた使い方の相談などにも対応しています。
個別相談会の詳細を見る

セキュリティ

通信の暗号化(SSL通信)はもちろん、それ以外にもシステム面・運用面・機能面で様々な取り組みを行っています。

WAF・IDS・IPSで攻撃をブロック

アプリケーションの脆弱性を狙った攻撃をブロックするWAFにはクラウド型WAFで実績No.1のScutumを採用。サーバへの侵入検知(IDS・IPS)にはトレンドマイクロのDeepSecurityを導入し、外部からの攻撃に対応。

ウイルス対策

ウイルス対策としてトレンドマイクロのDeepSecurityを導入し、ファイルアップロードなどの機能も安心してご利用頂けます。
*2016年前半に案件ごとのファイル保管機能をリリース予定

弊社での運用

大手企業でエンタープライズ系のシステム構築に携わっていた者が代表・boardの開発責任者を務めているため、ベンチャーながら社内の運用・アクセス権管理などは厳格に管理されています。

データは暗号化して保存

board上から登録されたデータは、会社ごとに異なる暗号化キーで暗号化されており、万が一の場合でも解読できないようになっています。

2段階認証を設定可能

セキュリティ上、各ユーザアカウントのログイン部分も非常に重要な要素です。通常のID・パスワードの方式に加え、2段階認証にも対応しています。

操作履歴を自動保存

監査ログとして、自社のユーザの主要操作(登録・更新・削除・出力など)を自動的に記録しているため、何か問題があった場合に調査可能です。

boardのセキュリティ対策について詳しくはこちらをご覧ください。

料金プラン

Personal

980円(税込) / 月
ユーザ数:1
サポート:チャット・メール
メール:Fromアドレス制限あり *
ファイル保管:×
捺印申請:×
データロック:×
無料お試し:30日

Basic

1,980円(税込) / 月
ユーザ数:3
サポート:チャット・メール
メール:制限なし
ファイル保管:◯(1GBまで)
捺印申請:◯
データロック:◯
無料お試し:30日

Standard

3,980円(税込) / 月
ユーザ数:15
サポート:チャット・メール
メール:制限なし
ファイル保管:◯(5GBまで)
捺印申請:◯
データロック:◯
無料お試し:30日

Premium

5,980円(税込) / 月
ユーザ数:50
サポート:チャット・メール
メール:制限なし
ファイル保管:◯(10GBまで)
捺印申請:◯
データロック:◯
無料お試し:30日
* 料金プランはいつでも変更することができます。
* ユーザ数が50以上の場合は、1ユーザあたり月額216円(税込)で追加することができます。
* メール送信機能で書類をboard上から直接メールする場合、Personalプランは、送信元(From)のメールアドレスがシステムドメイン(the-board.jp)のメールアドレス、返信先(Reply-To)がユーザのメールアドレスです。Basicプラン以上は、Fromもユーザのメールアドレスです。(詳しい説明を読む
* ファイル保管は、案件・発注ごとにPDF等のファイルをアップロードして保管することができる機能です。
* データロックは、提出済みの書類等にロックをかけて変更できないようにする機能です。

開発の背景と目指すもの

会社設立時に、総務・経理などのメンバーを雇うことが難しい場合、営業活動に必須な見積書・請求書・発注書等の発行業務は、経営者自らが行うことが多いかと思います。 書類作成はもちろん、請求書の発行漏れ、入金漏れ、支払忘れなどの管理は会社の信用に関わる重要な仕事です。

「board」を開発したヴェルクでもバックオフィス業務は、代表の田向自身が行っています。 しかしベンチャー経営者は、創業時、プレイヤーでもありマネージャーでもあります。請求処理業務が発生する月末は、案件業務の納期とも重なることも多く、実務に追われながら請求処理業務に対応しなければなりません。また、売上やキャッシュフローの予測から、今後の戦略を考えることも経営者として必要不可欠な業務です。

「board」は、月末時にベンチャー企業経営者が抱える時間的、心理的負担を減らすために、請求処理および管理業務を最大限効率化し、経営判断に必要な数字を見える化することを目的に、それを必要としていた田向自身の手で開発が始まりました。

まずプロトタイプを開発し、イメージしているものが使いやすいか、本当に業務を効率化できるかを検証しました。その後代表自ら開発・検証を繰り返し、「board」のコンセプトを固めていきました。それから約半年間、順次他のメンバーも参加し、受託開発の傍ら時間をつくっては開発を続け、実際に業務でも利用して、改善を繰り返していきました。 対象を業態を受託ビジネス(案件単位で見積もり・請求を行う業態)に絞って開発したことで、汎用的なサービスでは実現できなかった業務にフィットするシステムを実現し、2014年8月の正式リリース以降、多くの会社様にご利用頂き、そしてそこでいただいたユーザー様からの声を反映し、シンプルな操作性はそのままに、機能追加を積極的に行って参りました。 その結果、より多くのユーザー様にご利用いただけるサービスに成長し、「経営者が待っていたサービス」「本当に業務視点で設計されている」「夢中になるサービス」といくつもの喜びと、応援の声を頂きました。

汎用的な請求書作成・見積書発行サービスと、「board」が一線を画すのは、実際に経営および実務を行うベンチャー経営者自らが開発したため、実務にフィットしており、また経営判断および案件管理に本当に必要な機能が備わっていることです。 弊社と同じように受託開発を事業として持つIT企業はもちろん、デザイン・コンサル・士業など、案件単位で見積もり・請求を行う業態や、毎月定額請求が発生する事業、また、経営の視点で売上および請求を一元管理し、必要な数字をすぐに見たいベンチャー企業、フリーランサーの皆様に非常にフィットするサービスだと思います。

今後も継続して進化を続け、「board」をベンチャー・中小企業の業務効率化・経営を支えるサービスとして成長していきたいと考えています。

最新情報・Tipsを配信しています