*プレーヤー右側の「CC」ボタンでキャプションの表示有無を変更できます

キャプション 以下のキャプションをクリックすると、該当の位置から動画がスタートします

今回は、分割請求について説明します。なお、一括請求・定期請求と重複する説明は省略しますので、初めての方は、チュートリアルを順番にご覧ください。

分割請求は、定期請求と同様に、ひとつの案件で複数の請求をする場合に使いますが、定期請求が固定の間隔で繰り返し請求するのに対して、分割請求はバラバラのタイミングで請求する場合に使います。たとえば、今月は着手金を請求して、再来月に残り分を請求する、というケースでは、この分割請求を使います。

では、分割請求の案件を登録していきましょう。案件登録画面で、案件名などを入力してください。

次に、分割請求を選択します。一括請求の場合は、請求日は1つだけでしたが、分割請求の場合は、このように複数の請求日を追加することができます。数に制限はありませんので、この案件に対して、必要な回数の請求日を追加してください。

では、案件を保存して、書類編集画面へ移動します。一括請求の案件では各書類1枚ずつでしたが、分割請求の場合は、このように、案件登録時の請求日の数だけ、請求書が生成されています。

まずは、見積書から登録していきましょう。今回は、100万円の見積もりに対して、1回目の請求で30万円、2回目の請求で70万円を請求してみます。見積書を入力し、その内容を、他の書類に反映する設定のまま、保存します。

一括請求や定期請求の場合は、請求書に、見積書の内容がそのまま反映されていました。しかし、分割請求の場合は、それぞれ、いくらずつ請求するかは様々ですので、システム側で、自動的に判断することができません。そのため、このように、1回目の請求書に、見積書内容がそのまま反映されています。2回目以降の請求書は、このように0円になっています。

ですので、分割請求の場合は、それぞれの請求書を、個別に入力していく必要があります。たとえば、1回目の請求では、このように30万円の内容にします。次に、2回目の請求書を選択して、残り分の70万円の内容を入力します。このように、分割請求の場合は、それぞれの請求書の内容を登録していきます。

分割請求の説明は以上です。

チュートリアル動画
  1. boardの概要 (02:23)
  2. 案件登録1 (02:38)
  3. 案件登録2 (02:13)
  4. 一括請求 (03:42)
  5. 定期請求 (03:07)
  6. 分割請求 (03:07)
  7. 書類編集 (02:30)
  8. 案件一覧と請求一覧 (03:20)
  9. 請求業務1 (03:03)
  10. 請求業務2 (02:59)
  11. 入金確認 (02:18)
  12. 分析機能 (02:40)
  13. 発注登録 (02:40)