*プレーヤー右側の「CC」ボタンでキャプションの表示有無を変更できます

キャプション 以下のキャプションをクリックすると、該当の位置から動画がスタートします

今回は、請求業務について説明していきます。

請求一覧では、このように、デフォルトの検索条件として、請求年月に今月、受注ステータスに受注済・受注確定が指定されています。要するに、登録されている案件のうち、受注しているもので、かつ、今月請求のものが一覧に表示されている状態になります。たとえば、先月の請求を見たい場合は、このように、請求年月を変更することで確認することができます。

では、請求書を発行していきましょう。請求書は、郵送とメールで送ることができます。

まずは郵送から。郵送で送る方法として2つあります。1つは自分で印刷して送る方法。もう1つは、郵送代行をご利用頂く方法になります。

自分で印刷して送る場合は、このように対象にチェックを付けて、PDF出力ボタンから請求書を選びます。なお、ボタンの左側のチェックが付いているものがPDFに反映されますので、今の状態は、送付状付きで、PDFを出力する設定になっています。では、請求書を出力します。このように、ブラウザ内にPDFが表示されます。

今回、3つの請求書を選択してまとめて出力しました。そうすると、このように送付状・請求書と続き、別の会社宛の請求書になったら、また送付状が入るというかたちで、宛先ごとに送付状が挟まるようになっています。このように、印刷した後に送付状ごとに振り分けがしやすいかたちになっています。

郵送で送るもう1つの方法は、郵送代行のサービスをご利用頂く方法になります。先ほどと同じように、対象にチェックを付けて、郵便マークのボタンから請求書を選択してください。そうすると、このように、宛先の確認画面が表示され、郵送依頼ができるようになっています。

郵送を依頼したものは、営業日の19時締めで翌営業日に発送というサイクルで処理されます。書類のデータは、boardから直接印刷会社へ送られ、そこで、印刷から、封筒への封入・封緘までを、人手ではなく、機械で自動的に行う仕組みになっています。なお、郵送代行は、普通郵便で送られます。料金は、切手代込みで1通170円です。

郵送で送る方法は以上で、メールで送る方法は、次の動画で説明していきます。

チュートリアル動画
  1. boardの概要 (02:23)
  2. 案件登録1 (02:38)
  3. 案件登録2 (02:13)
  4. 一括請求 (03:42)
  5. 定期請求 (03:07)
  6. 分割請求 (03:07)
  7. 書類編集 (02:30)
  8. 案件一覧と請求一覧 (03:20)
  9. 請求業務1 (03:03)
  10. 請求業務2 (02:59)
  11. 入金確認 (02:18)
  12. 分析機能 (02:40)
  13. 発注登録 (02:40)