*プレーヤー右側の「CC」ボタンでキャプションの表示有無を変更できます

キャプション 以下のキャプションをクリックすると、該当の位置から動画がスタートします

今回は、入金確認について説明していきます。これまでの動画で、請求までの流れを説明してきました。請求したものは、入金の確認までをもって一連の業務になるかと思います。

ですので、boardの請求ステータスは、未請求・請求済に加え、入金済まで管理できるようになっています。そのため、入金を確認できたものは、請求一覧で、このように入金済に変更して、ステータスを管理することができるようになっています。

ただ、このように、1つの顧客に対して、複数の請求書を発行した場合、入金は1本にまとまってくることが一般的かと思います。そこでboardでは、顧客別入金一覧という、入金確認専用の画面を用意しています。

ここでは、支払期限ごと・顧客ごとに集計した、振込予定額が表示されています。顧客名をクリックすると、その内訳が表示されます。このように、請求が2つある場合、これらの合計金額が、振込額として表示されています。

インターネットバンキングや通帳の明細と、この振込額をチェックし、入金が確認できたら入金済にするボタンを押してください。そうすると、これに紐付く請求がすべて入金済になります。

なお、board上で、入金済までを管理するかどうかは、会社によって運用が分かれる部分です。会計ソフトの方で、売掛金の管理は行っていると思います。ですので、boardでは請求済までの管理を行い、それ以降は会計ソフト側で行うケースもあります。一方、board上に入金済まで反映することで、案件の関係者に対してその情報を共有する、という運用をしているケースもあります。

boardでどこまで管理するかは、体制・運用などにもよってきますので、自社の状況に合わせてご検討ください。入金確認の説明は以上です。