このお知らせは、公開から半年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。
機能についての最新の情報はヘルプをご覧ください

有料導入1000社までの軌跡と現在の状況

boardは、2017年11月1日に、有料アカウントが1000社を突破致しました。

boardは口コミでご紹介頂くことが非常に多く、ここまで成長できたのも、ユーザの皆様のおかげです。

本当にありがとうございます。

 

2014年8月に正式リリースしてからこれまでの軌跡と現在の状況を紹介したいと思います。 

 

多くの方にご支持頂き、有料アカウントの継続率99%超を2年以上継続しています
スタート当初はIT業界が中心でしたが、現在は幅広い業種・企業規模でご利用頂いています
 
boardユーザは全国に広がっていて、現在46都道府県でご利用頂いています
 
 
スムーズに導入頂けるようサポートや個別相談会に力を入れています
 
より便利にお使い頂けるよう、頻繁にリリースして日々進化しています
 

boardの開発を始めた当時、請求書サービスはいくつもありましたが、業務・経営管理までをカバーした中小企業向けのクラウドサービスはほとんどなく、弊社では、特に売上の見込みの把握という点で、Excelでの管理に依存している状況でした。

長らく業務システムの開発に携わってきた経験から、見積書や請求書作成に留まらず、その周辺の業務や経営までをカバーした中小企業向けの業務システムを作れないかと考え、弊社代表が自身の業務・経営を題材にプロトタイプの作り、ドッグフーディングしながら開発してきました。

 

それから約3年半、小さな受託の会社が立ち上げたサービスが、有料アカウント1000社を超えるまでに成長することができました。

 boardは口コミでご紹介頂くことがとても多く、ここまで成長できたのも皆様のおかげです。

本当にありがとうございます。

 

今後も軸をぶらさず、継続してシステムの改善を続け、より多くの方に便利にお使い頂けるようにしていきたいと考えていますので、今後ともよろしくお願い致します。

 

board事例インタビュー

boardを見ていると、売上の見通しが簡単に把握でき、強化しないといけない部分が見えてくる
ココロザシ 代表CEO 守岡氏

コワーキングスペースのセミナーで、"使えるクラウドサービス"の1つとして、「このサービスが980円で使えるとかありえない」と紹介されていた。実際使ってみると、見積書・請求書の作成はもちろん、boardを見ながら見通しを立てることができたり、強化しないといけない部分が簡単にわかるので、経営的にも非常に助かっています。

続きを読む
‹‹ 新しい分析機能(ベータ)のリリース 「見積日」「受注日」「納品日」「検収日」に関... ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る