有料導入2000社までの軌跡と現在の状況

2019年5月7日、boardの有料アカウントが2000社を突破しました。

営業もせず、広告も出していないboardが、約1年半で1000社から2000社へと成長できたのは、これまでboardをご利用くださったユーザの皆様、そして口コミでboardの良さを広めてくださった皆様のおかげです。

本当にありがとうございます。

 

以下、boardが正式にリリースされた2014年8月以降の軌跡と、現在の状況を報告致します。 

 

多くの方にご支持頂き、有料アカウント継続率は99%超を継続しています。
サービス開始当初は約6割がIT業界でしたが、現在は幅広い業種・規模でご利用頂いています。
 
boardユーザは全国に広がり、現在すべての都道府県でご利用頂いています。
 
 
スムーズに導入を進めて頂けるように、サポートや個別相談会に力を入れています。
 
より便利にお使い頂けるよう頻繁にリリースを行い、日々進化しています。
 

boardの開発を始めた当時、すでに請求書サービスはいくつもありましたが、業務・経営管理までをカバーする中小企業向けのクラウドサービスはほとんどなく、売上見込みの把握をとくに重視していた弊社では、Excelによる業務管理から脱却できない状況でした。

そこで、長らく業務システムの開発に携わってきた経験を生かし、見積書や請求書の作成に留まらず、その周辺の業務や経営までをカバーした中小企業向けのシステムを自分たちで作れないかと考え、弊社代表が自身の業務を題材にプロトタイプを作り、ドッグフーディングしながら開発を進めたサービスがboardでした。

 

それから約5年弱で、この小さな受託開発の会社が立ち上げたサービスは、ユーザの皆様からのご意見や口コミに支えられ、有料アカウント2000社を超えるまでに成長することができました。

 

弊社には営業やマーケティング担当がいないこともあり、急激な拡大路線は取らず、開発とサポートに注力し、それらの完成度を高めていくスタンスでサービスの運営を行っています。

その方針は今後も変えずに継続し、さらなる質の向上に取り組んでいきたいと考えています。これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

一覧に戻る
‹‹ Excel・Googleスプレッドシート・N... 消費税の税率変更への対応 第2弾をリリース ››