UIがシンプルで非常に使いやすく、ダッシュボードが便利



フロンティアビジョン 代表取締役社長 渡邉氏にboard導入の経緯や効果を伺いました。

御社の事業内容を教えて下さい。

熊本でWeb制作とシステム開発を請け負っています。
熊本のお客さまが多いですが、一部九州の他県のお客さまもいらっしゃいます。

Webサイトを制作するにあたって、お客さまの目的はWebでの集客ですので、SEOやリスティングなどWebマーケティングのお手伝いも一緒に行っています。

また、最近、MIERUというサービスの提供を始めました。これは、中小企業向けのKGI・CSF・KPIのマネジメントツールで、「経営と情報の見える化」を実現するクラウドサービスです。


boardをどこで知りましたか。また使うことにした理由を教えてください。

まだベータ版の頃だったかと思うのですが、おそらくFacebookでboardのことを知りました。
知り合いが「いいね!」していたものが流れてきて、ちょうど私も困っていたところだったので試してみたところ、ものすごく良かったので使うことにしました。

最初に使ってみた印象は、UIがシンプルで非常に使いやすく、ダッシュボードが便利だと思いました。また受託向けのサービスということで、自社にも導入しやすそうだったのと、価格がお手頃だったので導入を決めました。



boardを使う前は、関連業務はどのように行っていましたか。

見積書や請求書の作成は、社内でファイルメーカーを使った仕組みを作り、それで作成していました。
ただ、非常に使いにくく、請求書ごとに独立したデータになっているため、例えば顧客を軸に請求の履歴を確認することができないなど、業務上問題がありました。

また、ファイルメーカーは請求書を作成するだけの仕組みになっていたので、案件の管理はまた別に行っている状況でした。


boardは、どういうメンバーでどのように活用していますか。

現在は、私・経理・営業の3名で使っています。他のメンバーは制作系のメンバーなので今のところboardは使っていません。

私と営業が担当している案件の見積書を登録し、経理が月末に一括して請求書を印刷し、封筒に入れて送っているという業務の流れです。



boardを導入して効率化された業務はどのような業務ですか。

一番は請求書作成の時間が大幅に減りました。
弊社の場合、サイトの保守やサーバ費用の請求が多く、毎月200通ほど請求書を発行しています。請求書の作成に8時間を要しておりましたが、今では3時間ほどに短縮できています。

また、以前はクラウドではなくファイルメーカーだったため、特定のパソコンでしか使うことができません。そのため、会社にいないと見積書の作成ができませんでした。しかしboardになってからは、打ち合わせが終わったらその場ですぐに見積書を作成して提出することができます。今でこそ、クラウドなので当たり前のことですが、この付加価値は大きいと思います。

見積書を作成する機会も多いので、どこでもすぐに作成できることによって、全体的にすごく時間が短縮できていると思います。

売上分析の機能は、主に来月・再来月などの売上の見通しを確認するのに使っています。



boardへの要望を教えて下さい。

オンラインバンキングからダウンロードしたCSVで入金消し込みができると良いと思います。特に弊社の場合、毎月の保守やサーバ費用などの請求が多いため、入金の確認がかなり大変です。

それ以外は、普段の業務でも特に困っていることはないです。


その他、boardについて何かあればお願いします。

小さな会社にとって、見積書や請求書作成のためのベストチョイスなサービスだと思います。ぜひお勧めしたいです。

‹‹ 業務に必要な機能は全て揃っていて、分析で気づ... この値段でこの使いやすさで、書類の作成だけで... ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です