*プレーヤー右側の「CC」ボタンでキャプションの表示有無を変更できます

キャプション 以下のキャプションをクリックすると、該当の位置から動画がスタートします

今回は、案件と請求の一覧画面を説明していきます。

案件一覧は、このように、登録されているすべての案件が表示されています。

検索条件で、絞り込みの条件を指定して、検索することができます。たとえば、見積中で、確度が高い案件を検索したい場合は、このようにします。

また、行ごとに色分けされていますが、これは受注ステータスに連動しています。見積中で確度が高い案件が赤、受注確定が黄色、受注済が緑、それ以外が白というかたちで、重要なステータスだけ色づけされて、わかりやすくなっています。

たとえば、この見積中の案件を受注したら、一覧上から受注済に変更することができます。このように、案件一覧では、主に営業や受注の管理を行います。

もう1つ、請求一覧という画面があります。boardを使うにあたって、この2つの画面の違いを把握し使い分けることは、とても重要になってきます。

これまでの動画で、一括請求・定期請求・分割請求の話が出てきました。定期請求・分割請求の場合、1つの案件に対して複数の請求が紐付くかたちになります。これにより、案件一覧と請求一覧、2つの役割が異なる画面が用意されています。

案件一覧は1行が1案件です。一方、請求一覧は1行が1請求です。そのため、案件一覧では、一括請求・定期請求・分割請求のどの案件でも、1つの案件で1行だけ表示されます。

一方、請求一覧では違いが出ます。一括請求の場合、1つの案件で請求は1つですので、請求一覧でも1行だけ表示されます。定期請求・分割請求の場合、1つの案件の中に複数の請求がありますので、請求一覧では、請求の数だけ複数行表示されます。

実際に、画面上で検索してみます。まずは、一括請求の案件Noを指定して検索してみます。検索条件の請求年月を未設定にすると、その案件のすべての請求が表示されます。一括請求の場合、請求は1つだけですので、このように1行だけ表示されます。

次に、定期請求の案件Noを指定してみます。この案件は、3ヶ月の定期請求ですので、3つの請求が表示されました。

案件一覧と請求一覧では、このような違いがありますので、業務によって使い分けてください。案件と請求の一覧画面の説明は以上です。

チュートリアル動画
  1. boardの概要 (02:23)
  2. 案件登録1 (02:38)
  3. 案件登録2 (02:13)
  4. 一括請求 (03:42)
  5. 定期請求 (03:07)
  6. 分割請求 (03:07)
  7. 書類編集 (02:30)
  8. 案件一覧と請求一覧 (03:20)
  9. 請求業務1 (03:03)
  10. 請求業務2 (02:59)
  11. 入金確認 (02:18)
  12. 分析機能 (02:40)
  13. 発注登録 (02:40)