*プレーヤー右側の「CC」ボタンでキャプションの表示有無を変更できます

キャプション 以下のキャプションをクリックすると、該当の位置から動画がスタートします

今回は、発注について説明していきます。発注は、外注や仕入など、支払い関連の管理を行うための機能で、基本的な仕組みは、これまで説明してきた案件と同じです。ただ、大きく異なる点が2つありますので、その点だけ説明していきます。

まず、発注登録画面へ移動します。1つ目の案件と違う点は、この関連案件という項目です。ここでは、案件と紐付けることができるようになっています。要するに、ある受注に対して、それに紐付く発注、というかたちで登録することができるようになっています。ここで紐付けを行うことで、情報として管理できるだけでなく、案件の原価に加算される仕組みになっています。

一旦、案件一覧へ移動します。このように、案件一覧では、原価という項目があります。この原価に、紐付いている発注の金額が加算されます。これにより、請求額がいくら、原価がいくら、粗利がいくら、というかたちで、案件単位の損益を見ることができるようになります。

では、発注登録画面に戻ります。案件との違いの2つ目は、発注登録画面に、金額の入力欄があります。案件の方は、請求書などの書類に金額を入力するようになっており、完全に、書類に依存した仕組みです。

一方、発注の場合、もちろん、発注書・検収書・支払通知書などの書類を、作成することはできます。しかし、これらの書類を使用しないことも多いため、書類は作成せずに、金額だけ入力して、発注登録ができるようになっています。これにより、発注書などの書類は不要な場合でも発注登録ができ、案件の原価に加算したり、支払管理ができるようになります。

それ以外については、基本的には案件と同様の仕組みです。たとえば、発注一覧で、発注済のステータス管理などができます。支払一覧では、このように、今月の支払いが表示されています。ここでは、支払ステータスとして、請求書受領済・支払済といった管理ができるようになっています。

発注の説明は以上です。