このお知らせは、公開から半年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。
機能についての最新の情報はヘルプをご覧ください

顧客・顧客担当者・発注先・発注先担当者のアーカイブ機能を追加


顧客・顧客担当者・発注先・発注先担当者をアーカイブすることができるようになりました。

これらのマスタは、案件・発注で使用されていると削除することができませんが、既に取引が終わっている場合や担当者が退職されている場合には、各画面の選択リストに表示されている必要がありません。
そのような場合に、アーカイブしておくと、各画面の選択リストに表示されなくなって便利です。


各一覧画面に「アーカイブ」ボタンがありますので、そこでアーカイブすることができます。



アーカイブすると、一覧画面及び各画面の選択リストに表示されなくなります。

なお、検索条件の「アーカイブ含む」にチェックを入れると、アーカイブ済みのものも表示されるようになりますので、アーカイブを解除したい場合などには、このチェックを付けて検索してください。



案件・発注で使用されている顧客・発注先をアーカイブした場合

案件・発注で使用されている顧客・発注先をアーカイブした場合でも、それらの案件・発注の情報は表示でき、また見積書・請求書等の出力も可能です。

アーカイブした顧客・発注先などは、新規登録画面や検索条件などの選択リストには表示されなくなりますが、既存の案件・発注には影響しませんので、過去の取引先などをアーカイブして頂いても問題ありません。

board事例インタビュー

ドッグフーディングされているから洗練されている。重要なのは日々業務を行う担当が運用しやすいかどうか
株式会社時雨堂 Founder @voluntas

業務系のシステムはあるものは当たり前に受け入れられて、困ったり足りないものがあると、そこが目立つものだと思います。『board』はきちんと、ドッグフーディング(作成したサービスを開発者が自ら使用すること)しているんだな、ということがシステムをみても対応を見ても、伝わってきますね。

続きを読む
‹‹ サポートの実績報告(2016年4月) 書類の自動一時保存機能を追加 ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です