顧客情報の入力チェックを緩和しました


ベータ版をお使いの方からのご要望にありました「顧客情報の入力チェックの緩和」に対応致しました。

これまで、「郵便番号」「都道府県」「住所」が必須になっていましたが、見積書・発注書・請求書等のやり取りがメールで完結している場合などにおいては、必ずしも住所を必要としません。board上、住所は発注書などでの表示にしか使用していないため、必須チェックを外し、住所情報なしでも登録できるようになりました。

なお、住所情報を登録していない場合、発注書など、顧客の住所を表示していた箇所が空欄で表示されます。



board事例インタビュー

請求書作成が圧倒的に楽に。売上の見込みもグラフ化され、見通しが掴みやすくなった
ギビングツリーパートナーズ 代表取締役 中川氏

請求書の作成が定型化されたので圧倒的に楽になりました。また、売上の見込みもグラフ化され、見通しが掴みやすくなりました。受託向けのイメージが強いですが、弊社のような業務委託型の研修事業をやっている会社でもうまくフィットしています。

続きを読む
‹‹ 【改善】案件一覧・請求一覧で社内メモを確認で... boardはまだまだ進化していきます〜今後の... ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です