【今週のミニ改善】売上分析を「粗利」で検索した時の表示改善



開発ロードマップに公開している通り、現在規模の大きな開発に着手しているため、平行して細かい改善を行っています。

売上分析画面では、「売上」と「粗利」で検索するとができますが、今回は、「粗利」で検索した時の表示を改善しました。


売上分析画面では、検索を実行すると、下図のようにデフォルトで、「売上(確定)」「売上(見込高)」「損益分岐点」「売上予算」のグラフが表示されます。




これまでは、粗利で検索した場合でも同様の表示でしたが、今回の改善で、粗利で検索した場合は、「損益分岐点」「売上予算」ではなく、「粗利予算」をデフォルトで表示するようにしました。



board事例インタビュー

経営者が開発した経営者のためのサービスなのがいい。本当に必要な数字にいつでもアクセスできます
株式会社co-meeting 取締役COO 矢野貴明氏

以前はExcelとZohoで管理していました。はじめは「この業界で、B向けの経営管理のサービスが出たんだ」という単純な興味でサイトを覗いたのですが、毎月売上が発生する自社サービスと、単発の受託開発、技術支援など、我々の全事業の売上管理と見通しが一元管理できるサービスであることが分かりboardに切り替えました。

続きを読む
‹‹ 【今週のミニ改善】案件一覧の検索条件に見積日... サポートの実績報告(2015年8月) ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です