【今週のミニ改善】売上分析を「粗利」で検索した時の表示改善



開発ロードマップに公開している通り、現在規模の大きな開発に着手しているため、平行して細かい改善を行っています。

売上分析画面では、「売上」と「粗利」で検索するとができますが、今回は、「粗利」で検索した時の表示を改善しました。


売上分析画面では、検索を実行すると、下図のようにデフォルトで、「売上(確定)」「売上(見込高)」「損益分岐点」「売上予算」のグラフが表示されます。




これまでは、粗利で検索した場合でも同様の表示でしたが、今回の改善で、粗利で検索した場合は、「損益分岐点」「売上予算」ではなく、「粗利予算」をデフォルトで表示するようにしました。



board事例インタビュー

売上・見込確度別・損益分岐点が一度に見えるのが気に入っています
マイニングブラウニー 代表取締役 得上竜一氏

これまでは、見積書は弥生販売を使い、請求書と売上管理はエクセルと弥生会計を使っていました。boardで一番好きなのは、売り上げ分析機能のところです。見たい数字とグラフが一番始めのダッシュボードにあって、しかも、売上・見込確度別・損益分岐点が一度に見えるのが気に入っています。

続きを読む
‹‹ 【今週のミニ改善】案件一覧の検索条件に見積日... サポートの実績報告(2015年8月) ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です