発注管理機能の追加〜外注費等の支払の管理、案件との紐付け

長らくお待たせしました!
ベータ公開直後から、多くの方からご要望頂いていた発注管理機能をリリースしました。

従来の原価機能も残りますので、ニーズに合わせてお使い分けください。

発注管理機能の概要

基本的に、受注側(案件管理)と同じ構造になっています。
「発注登録」で、発注先件名・支払条件などの発注内容を登録します。ここで登録する内容に応じて、費用の発生タイミングや支払タイミングを管理します。

「案件管理」と異なる点は、必ずしも書類の登録が必要ではない点です。発注の場合、こちらから提出するものは発注書のみになるかと思います。また、発注書は発注先が用意しているケースもあるため、書類の登録をしなくても発注登録ができるようになっています。



状況に応じてお使い分けください。


案件情報との紐付け

発注情報は、案件と紐付けることができます。もちろん紐付けずに単独で登録することもできます。

案件と紐付ける場合は、以下のいずれかの方法で紐付けることができます。

発注登録画面で案件を検索




案件編集画面から発注情報を追加




また、上図のように紐付けられている発注情報は、案件編集画面に表示されます。


ダッシュボードの表示は「支払日」基準

案件管理の場合、「請求書を発行する」という業務が重要なマイルストーンになるため、「請求日」で未請求のものを表示しています。

しかし発注の場合、請求書は受領するもので、こちらのマイルストーンとしては「支払いをする(振込をする)」になります。そのため、発注管理の情報については、請求日基準ではなく支払日基準でダッシュボードに表示しています。



こうすることで、ダッシュボードでは、「自分がボールを持っているもの」がわかるようになっています。


レポート機能への反映

発注管理で登録した内容は、もちろんレポート機能にも反映されます。

「売上分析」で「粗利」を選択して登録すると、「売上(案件管理の金額)- 案件原価(案件管理内に登録した原価)- 外注費(発注管理の金額)」で計算した結果が表示されます。

「キャッシュフロー予測」では、支払タイミング軸で残高を表示しますので、発注管理で登録した支払日が計算に使用されます。



なお、発注管理は現在ベータ版です。
実際の運用をふまえ改善していきますので、ご意見があればご連絡ください。


board事例インタビュー

請求書作成の効率化だけでなく、請求漏れ確認が格段に楽に。
ユナイテッドリバーズ 代表 沢辺氏、CMO 岡崎氏

他のサービスより、使い勝手の面や機能の追加・要望への対応・サポートなど優れていると思います。実務面では、boardを使うようになってから、見積書が簡単に作れるので営業面でもレスポンスが良くなり、また、請求漏れのチェックも非常に楽になりました。

続きを読む
‹‹ 案件原価一覧の追加〜案件に登録された原価を一覧表示 売上集計ロジックについて ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です

board - 請求書、見積書、発注書作成発行・クラウド経営管理

ソーシャルメディア