書類テンプレートの呼び出し方法で「追記」に対応

見積書や請求書の作成の際に、よく使う内容を書類テンプレートとして登録しておき、書類編集画面から簡単に呼び出すことができる「書類テンプレート」機能で、「追記」モードでの呼び出しに対応しました。

 

下図のように、書類テンプレートの呼び出し箇所で、「置換(従来からの方法)」と「追記」を選択できるようになっています。

 

 

■置換
従来からの方法で、現在の内容はクリアし、選択した書類テンプレートの内容に置き換えます。

■追記
今回追加された方法で、現在の内容はそのまま残し、明細・備考ともに末尾に追記します。

 

「追記」モードは、複数の書類テンプレートを用意しておき、それらを組み合わせたい場合などに便利です。

board事例インタビュー

請求書作成が圧倒的に楽に。売上の見込みもグラフ化され、見通しが掴みやすくなった
ギビングツリーパートナーズ 代表取締役 中川氏

請求書の作成が定型化されたので圧倒的に楽になりました。また、売上の見込みもグラフ化され、見通しが掴みやすくなりました。受託向けのイメージが強いですが、弊社のような業務委託型の研修事業をやっている会社でもうまくフィットしています。

続きを読む
‹‹ サポートの実績報告(2017年10月) サポート時間変更のお知らせ ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です