「見積日」「受注日」「納品日」「検収日」に関する変更について

「見積日」「受注日」「納品日」「検収日」に関して、登録場所や仕様を変更しましたのでお知らせ致します。

 

見積日について

これまでは、「案件編集画面」に「見積日」がありましたが、見積書編集画面の下図の位置に移動しました。

 

 

受注日について

これまでは、「案件編集画面」の「社内メモ」の下にありましたが、「実績日付」に関する項目をまとめるため、以下の場所に移動しました。

 

案件編集画面がタブで分かれるように変更になり、「受注日」は「実績日付」タブに移動になりました。

 

納品日について

納品日については、仕様が変更になりました。

<従来の納品日>
案件情報に「納品日」という項目があり、これは、見積書・発注書に表示される「納期」と、納品書・検収書に表示される「納品日」のどちらにも使われていました。

また、定期請求・分割請求時に納品書が複数の設定になっている場合、納品書の日付は案件情報の「納品日」ではなく、自動的に請求日と同じ日付が納品日になる仕様になっていました。

<新しい納品日の仕様>
「納期」と「納品日」を分離しました。

案件情報にある「納品日」は「納期」という表記になり、原則、見積書や発注書に表示される「納期」として使われます。

納品書・検収書に表示される「納品日」は、納品書編集画面上で変更することができるようになりました。

 

なお、この「納品日」の初期値は、
・納品書1枚の場合:案件情報の「納期」の日付
・納品書複数の場合:対応する請求書と同じ日付
となります。

そのため、新規に案件登録した際に最初に登録される日付は、これまでと同様です。

ただし、個別に納品日を変更できるようになったため、変更時においては「納期」や「請求日」とは連動しませんので、この点が従来と異なります。

 

検収日について

「検収日」は新たに追加になった項目です。

近日リリースされる予定の新しい分析機能の中で、「検収日基準」で集計する機能があり、それで使われます。

「検収日」は、下図のように案件編集の「実績日付」タブにあります。

 

なお、「検収日」は記録・集計用の用途で、検収書の検収日は、原則はお客様側で記入するものなため、ここで設定した日付は検収書には反映されません。

board事例インタビュー

見積書・請求書の作成はもちろん、ミスが減り「心理的負担」が減ったのが大きい
マデール 代表取締役 土屋健一氏

一般的に、こういう経理・業務系のソフトは、意外と直感的に使えるものが少ない印象なのですが、その点boardは使いやすく、「これなら続けられるな」と感じました。 実際に使ってみると、請求書作成などの効率化はもちろん、全体としてミスが減り、「心理的負担」が減ったというのは非常に大きいです。

続きを読む
‹‹ 有料導入1000社までの軌跡と現在の状況 案件情報を引き継いで発注登録する機能を追加 ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です