ブラウザ「Microsoft Edge」の2020年1月15日以降のサポート方針について

マイクロソフトが提供するブラウザ「Microsoft Edge」では、2020年1月15日にリリースされるバージョンから実行エンジンが刷新され、それ以前とは根本的に異なる仕組みに変わります。

boardのブラウザのサポート方針は「最新バージョンのみ」としているため、今後は2020年1月15日以前のバージョンのEdgeは対象外になります。

 

現時点では、従来のEdgeもお使い頂けますが、今後、以前のバージョンのEdgeに関してはサポートを終了し、古いバージョンのEdgeではboardをご利用頂けなる予定ですので、Edgeをお使いの方はご注意ください。

*具体的な時期については、別途アナウンス致します。

 

なお、新しいEdgeについては、2020年1月15日以降にEdgeのサイトからダウンロードすることができます。また、新しいEdgeはWindows Updateを通じて自動配信されますが、日本においては確定申告の時期を避け、4月以降の自動配信となるようです。そのため、Windows Updateで配信されるのをお待ち頂くか、4月以前に新しいEdgeをを使用する場合はEdgeのサイトから手動でダウンロード・インストールしてください。

 

新しいEdgeでは、下図のようにロゴが変更されています。現在お使いのEdgeについて、新旧を判別する際にはロゴをご確認ください。(左:従来のEdge、右:新しいEdge)

 

 

一覧に戻る
‹‹ Internet Explorer 11(I... サポートの実績報告(2019年12月) ››