多様な色覚に配慮したカラーユニバーサルデザイン(CUD)に対応しました

このたび、boardはより多くのユーザに快適に活用して頂くために、多様な色覚に配慮したカラーユニバーサルデザインに対応し、NPO法人「カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)」が発行するカラーユニバーサルデザイン(CUD)認証を取得しました。

 

現在日本には、割合が最も多い一般色覚「C型」の他、色弱・色覚特性とも称される色覚「P型・D型」の方が男性の約20人に1人、女性の約500人に1人の割合で、計320万人以上*いるとされています。

カラーユニバーサルデザインとは、こうした多様な色覚に配慮し、より多くの人が対象を識別しやすいように配色されたデザインの呼称です。

*出典:特定非営利活動法人カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)

 

boardには、案件一覧の受注ステータス、ダッシュボードでのアラート、売上分析のグラフなど、色で意味を識別できる箇所が多くあります。今回の対応で、「P型・D型」の方でもこれらの色の違いを識別できるようになりました。

また、この際には一般色覚のC型の方にもこれまでと同じ感覚でお使い頂けるよう、色の系統を維持しながら調整を行いました。

 

*ヘルプのスクリーンショットは順次新しい内容に差し替えています。この対応中は旧配色のものが残っている場合もありますが、ご了承ください。

 

変更例

下図のように、これまでの色の系統を維持しながら、C型・P型・D型の3つの色覚で識別できる色にしました。

<一覧のステータスに連動した背景色>

 

<グラフ>

 

検証の進め方

CUD認証の取得にあたっては、boardの全画面を対象に、CUD認証の発行元であるNPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)による検証が行われました。

その検証方法は、C型・P型・D型それぞれの色覚を持つ3人の検証員が全画面を確認し、全員が色の違いを識別可能かを確認するというものです。全員が識別できなかった画面は、色の系統を維持しながら全員が識別できる色に調整しました。

参考:CUD対応取り組みのブログ記事

一覧に戻る
‹‹ 支払ステータスに「振込予約済」を追加しました Excel・Googleスプレッドシート・N... ››