freeeの「取引先コードを使用する」設定に対応しました

これまでboardのfreee連携機能では、freee側の取引先設定で取引先コードを「使用する」と設定していた場合、freeeの仕様として必須になる「取引先コード」に対応していませんでした。

そのため、これまではfreee側で取引先コードを「使用しない」とするか、「使用する」とした場合にはあらかじめ同名の取引先をfreeeに登録しておく必要がありましたが、今回の対応によって、取引先コードを「使用する」と設定している場合でもスムーズに連携できるようになりました。

 

取引先コードを連携するには、「会計データ設定」画面の下記をONにしてください。

 

取引先コードとして送信するデータは、以下のルールで決定します。

・顧客情報の「顧客番号」が登録されている場合はそれを連携し、未登録の場合は「顧客名」を連携
・発注先情報の「発注先番号」が登録されている場合はそれを連携し、未登録の場合は「発注先名」を連携

 

なお、freeeの取引先設定で取引先コードを「使用しない」としている場合は、上記の「取引先コードの連携」はONにしないでください。freee連携時にエラーになります。

 

 

一覧に戻る
メールの送信元名・送信元メールアドレスを変更... ››