ステータス・案件区分・タグ等でnot検索(除外検索)・未設定検索に対応

各種一覧のステータス・案件区分・タグ等、複数選択可能な検索条件において、not検索(除外検索)・未設定検索に対応しました。

 

not検索(除外検索)

各種ステータス・案件区分・発注区分・タグなどは、検索条件で複数指定できるようになっていますが、それらの検索条件で、下記のように「not:xxx」という選択肢が追加されました。

下記の例では、「見積中(除)」以外を検索します。

 

通常の選択肢の下に「not:xxx」という選択肢が追加されていますので、案件区分やタグで数が多い場合は、下記のように「n」を入力して頂ければ、not検索用の選択肢のみにフィルタリングすることができます。

 

 

未設定検索

案件区分やタグのように任意項目は、下記のように「未設定」という選択肢が追加されていますので、設定されていないもののみを検索することができます。案件区分やタグの設定漏れのチェック等でお使いください。

board事例インタビュー

請求書作成の効率化だけでなく、請求漏れ確認が格段に楽に。
ユナイテッドリバーズ 代表 沢辺氏、CMO 岡崎氏

他のサービスより、使い勝手の面や機能の追加・要望への対応・サポートなど優れていると思います。実務面では、boardを使うようになってから、見積書が簡単に作れるので営業面でもレスポンスが良くなり、また、請求漏れのチェックも非常に楽になりました。

続きを読む
‹‹ 2017年3〜4月の細かい改善まとめ 定期請求で、支払条件の締日と契約終了日が一致... ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です