このお知らせは、公開から半年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。
機能についての最新の情報はヘルプをご覧ください

集計対象外となる見積中ステータスの追加



受注ステータス・発注ステータスに「見積中(除)」を追加しました。このステータスに設定していると分析関連の集計に加算されなくなります。

1つの案件で複数の見積もりを出すケースも多いかと思います。その場合、案件を複製して複数パターンの見積もりを登録すると、それぞれが売上集計に加算されてしまい、集計の数字があまり意味がないものになってしまいます。

そのようなケースで、集計対象外となる「見積中(除)」をご活用ください。




たとえば、見積中の案件で3パターンの見積もりを出す場合、案件を複製して3案件登録してください。そのうち、メインとなる見積もりのみ「見積中(高)」など実際の確度に応じたステータスを設定し、残りの2つは「見積中(除)」に設定しておけば、データとして3パターン登録でき、かつ、売上の見込みにも影響しないようにすることができます。

「見積中(除)」の案件は、案件一覧・発注一覧上で、下記のように文字のスタイルが変わってひと目でわかるようになっています。



一覧に戻る
‹‹ 口座振替・クレジットカード払い用請求書に対応 サポートの実績報告(2015年4月) ››