案件原価一覧の追加〜案件に登録された原価を一覧表示

本日リリースした「発注管理」機能とは別に、ベータリリース当初から、案件編集画面にて「原価」を登録することができました。

「発注管理」は、これをさらに拡張し、支払先のマスタ化や支払状況の管理をできるようにしていますが、そこまでの管理が必要ない費用を想定し、従来の案件の原価項目は残しています。

これまでは、原価として登録した情報を一覧表示する機能はなく、分析機能で利用しているだけでした。

しかし、今回新たに追加した「案件原価一覧」にて、案件内に登録した原価の検索することができるようになりました。




「案件原価」と「発注管理」はいずれも費用のデータを登録することができ、分析機能で費用として集計されますが、入力の仕方や手間、目的が異なりますので、ニーズに合わせて使い分けて頂ければと思います。

board事例インタビュー

ドッグフーディングされているから洗練されている。重要なのは日々業務を行う担当が運用しやすいかどうか
株式会社時雨堂 Founder @voluntas

業務系のシステムはあるものは当たり前に受け入れられて、困ったり足りないものがあると、そこが目立つものだと思います。『board』はきちんと、ドッグフーディング(作成したサービスを開発者が自ら使用すること)しているんだな、ということがシステムをみても対応を見ても、伝わってきますね。

続きを読む
‹‹ 【ベータユーザ向け】メニュー等の一部配置換え... 発注管理機能の追加〜外注費等の支払の管理、案... ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です