boardの見積書・請求書発行がPDFをダウンロードではなくブラウザ内で開く理由

先日、ご質問を受けたので、今回はちょっとした小ネタです。

boardで「印刷」をすると、新しいタブにPDFが開き、そこから印刷またはPDF保存ができるようになっています。一般的に、印刷であれば印刷プレビューを出して印刷、PDF保存であれば保存ダイアログを出すことが多いかと思います。しかし、boardではそのようになっていません。

これは、リリース前にboardの操作性を改善していた中で気づいたことですが、PDF保存をした場合でも、必ず中身を確認してからメール等で送ると思います。そのため、一旦保存した後に、PDFファイルを開くという作業が入ります。もしそこで、何かしら修正点があれば、再度ブラウザに戻って修正・保存し、再度PDFをダウンロードします。


boardではこの順番を入れ替えました。


「印刷」ボタンを押すと新しいタブにPDFを開くことで、すぐに内容を確認できます。修正が必要であれば、隣のタブに戻って修正・保存し、再度「印刷」ボタンを押します。そして内容に問題がなければ、それを保存します。最近のブラウザであれば、PDFをブラウザ内で開くと、印刷ボタンや保存ボタンが表示され、簡単に印刷・保存ができます。

「PDFを保存する」という機能単体で考えたのではなく、「内容を確認して問題がないPDFを保存する」という業務として捉え、このようなフローにしてひと手間減らしました。


本当に些細な事ですが、boardでは、こういうちょっとした工夫をすることで、少しでも使い心地が良いシステムになるように改善を繰り返しています。

board事例インタビュー

boardを見ていると、売上の見通しが簡単に把握でき、強化しないといけない部分が見えてくる
ココロザシ 代表CEO 守岡氏

コワーキングスペースのセミナーで、"使えるクラウドサービス"の1つとして、「このサービスが980円で使えるとかありえない」と紹介されていた。実際使ってみると、見積書・請求書の作成はもちろん、boardを見ながら見通しを立てることができたり、強化しないといけない部分が簡単にわかるので、経営的にも非常に助かっています。

続きを読む
‹‹ 【機能改善】書類の改ページをスマートにできる... 【機能追加】案件情報・請求情報のCSVエクス... ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です

board - 請求書、見積書、発注書作成発行・クラウド経営管理

ソーシャルメディア