ソート機能の追加、一覧から編集・書類画面への遷移方法の変更


案件一覧・請求一覧等の主要一覧画面に、ソート機能を追加しました。

また、「編集」「書類」画面への遷移について、従来のボタンに加え、行自体をクリックして画面遷移できるようになりました。


ソート(並び替え)

各一覧で、ソート可能な項目は下記のように青文字になっています。



項目名をクリックすると、その項目でソートできます。ソートされている項目には上記の「見積金額」のように▲▼のマークが付きます。

なお、一部の項目はソートすることができませんが、それについては下記のヘルプをご覧ください。
参考:案件一覧の検索結果をソート(並び替え)する


行クリックで編集・書類画面へ遷移

これまでは、一覧の右側に「編集」「書類」ボタンがあり、そこから案件編集画面や各種書類の編集画面へ遷移することができました。

ボタンが右側にあるため、案件名と離れており見にくい、マウスの動きが多い等のご指摘を頂きまして、今回、「行の任意の場所」をクリックして画面遷移できるように改善しました。



基本的には、
行をクリック:編集画面へ遷移
Ctrl(MacはCommand)+ 行をクリック:書類画面へ遷移
という動きになっていますが、一部の画面では、書類画面がない場合などがあります。各画面での動きは、右側のボタンにカーソルを合わせて頂くと説明が表示されます。

例えば、顧客一覧の場合は、「行をクリックで編集画面」は同じですが、書類画面がありませんので、「Ctrl(Command)+クリック」で「送付状作成画面」へ遷移するようになっています。




一覧からクリップボードにコピー

案件名・顧客名・住所・メールアドレスなど、登録されている内容をコピーしたい場合があるかと思います。
そういう場合に簡単にコピーできるように、下記のように、一覧上のコピー可能な項目にカーソルを合わせると、コピーボタンが表示されるようになりました。これをクリックして頂くとクリップボードにコピーされます。




なお、この機能は、HTML5のClipboard APIを利用して実装されているため、それをサポートしているブラウザのみ利用できます。
現時点ではIE10・11、Chrome43(2015/6/3リリース)以降のみ対応しており、Firefoxは2015年9月リリース予定のバージョン41から使えるようになる見込みなので、確認出来次第、Firefoxでもこの機能を使えるようにする予定です。

<IEをお使いの方>
IEの場合、ブラウザの仕様上、以下の様なメッセージが表示されます。クリップボードにコピーしたい場合は、「アクセスを許可する」を選択してください。なお、boardからは、クリップボードへコピーするだけで、クリップボードの情報を読取る処理は行っていませんのでご安心ください。




一覧のページ位置の記憶

これまでは、各種一覧でページ位置を記憶していなかったため、例えば2ページ目にいて、「編集→一覧に戻る」とすると、1ページ目が表示されてしまっていましたが、ページ位置を記憶するようにしましたので、元にいたページ位置が表示されるようになりました。

なお、ページ位置の記憶は、現時点では以下の一覧のみ対応しています。
・案件一覧
・請求一覧
・合計請求書一覧
・案件原価一覧
・発注一覧
・支払一覧
・源泉徴収一覧

board事例インタビュー

請求書作成の効率化だけでなく、請求漏れ確認が格段に楽に。
ユナイテッドリバーズ 代表 沢辺氏、CMO 岡崎氏

他のサービスより、使い勝手の面や機能の追加・要望への対応・サポートなど優れていると思います。実務面では、boardを使うようになってから、見積書が簡単に作れるので営業面でもレスポンスが良くなり、また、請求漏れのチェックも非常に楽になりました。

続きを読む
‹‹ 【今週のミニ改善】案件・発注編集で、保存後の... サポートの実績報告(2015年7月) ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です