見積書や請求書等のメール送信機能のFromメールアドレス変更(no-reply→ご自身のメールアドレス)


boardから直接見積書・請求書等を送ることができるメール送信機能のFromのメールアドレスを変更しました。(Basicプラン以上)

従来のFrom・Reply-Toの設定

これまでは、メール送信機能で送信すると、以下のようになっていました。
送信者名:ユーザの氏名
送信元(From):no-reply@the-board.jp
返信先(Reply-To):ユーザのメールアドレス

これは迷惑メール対策上、Fromに任意のメールアドレスを設定できてしまうと「なりすまし(送信者の偽装)」ができてしまうため、一般的に、ドメインとシステムが紐付けられていない場合は、迷惑メールとして受信側に拒否されてしまいます。

そのため、Fromはシステムのドメイン(boardの場合はthe-board.jp)のメールアドレスとし、返信先(Reply-To)をユーザのメールアドレスとすることで、受信者は、受け取ったメールを返信すると、the-board.jpのメールアドレスではなく、ユーザのメールアドレスに返信できるようになっていました。


新しいFromの設定

今回の改善で、迷惑メール対策をしつつ、Fromのメールアドレスをユーザのメールアドレスにすることができるようになりました。(特に何も設定を変更する必要はありません。)

boardはメール配信にSendGridというメール配信サービスを利用しており、このSendGrid社が提供するWhiteLabelingという機能を使い、上記を実現しています。

WhiteLabelingを使ってメールを送信すると、受信者側では下図のような「email.the-board.jp 経由」という表示がされますが、これによって、迷惑メール扱いにならず、Fromのメールアドレスもユーザのメールアドレスにすることができます。(○○経由という表示は、受信者側のメールシステムの仕様に依存するため、表示されないものや表示のされ方が異なる場合もあります。下記はgmailの場合の表示です。)



なお、この機能は、Basicプラン以上で利用可能で、Personalプランの方は従来通りの形になります。

board事例インタビュー

見積書・請求書の作成はもちろん、ミスが減り「心理的負担」が減ったのが大きい
マデール 代表取締役 土屋健一氏

一般的に、こういう経理・業務系のソフトは、意外と直感的に使えるものが少ない印象なのですが、その点boardは使いやすく、「これなら続けられるな」と感じました。 実際に使ってみると、請求書作成などの効率化はもちろん、全体としてミスが減り、「心理的負担」が減ったというのは非常に大きいです。

続きを読む
‹‹ ユーザアンケート集計結果(2015年8月実施... 【今週のミニ改善】案件一覧の検索条件に見積日... ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です