Board banner big problems

月末・月初の請求書送付をミスなく効率化〜請求書の一括メール送信・郵送

請求書は、月末または月初にまとめて送付することが多いのではないでしょうか。 

請求書が数枚のうちはそれほど手間ではありませんが、数十枚規模になってくると、それなりに時間がかかるようになってきてしまいますし、間違いや抜け漏れのリスクも高まります。 


「エクセルで請求書を作成し郵送する」「エクセルで請求書を作成しPDFをメールする」「請求書作成サービスを利用する」のそれぞれのパターンでの作業内容を整理し、課題と安全に効率的に請求書送付を行う方法を紹介します。 


エクセル請求書+郵送の場合 

エクセルで請求書を作成し郵送する場合、請求書送付のために以下の作業が必要となります。 

1. エクセルファイルを開き、請求書を作成する 
2. 請求書の内容を確認し、問題がなければ印刷する 
3. 上記を発行枚数分だけ繰り返し 
4. それぞれの送付先ごとに宛名ラベル(または手書き)・送付状を準備する 
5. 封筒に入れて、切手を貼って投函 

エクセル請求書を使って郵送する場合は、作業ステップ自体も多いですが、全てが手作業で、1つ1つやっていかなければいけないため、非常に時間がかかります。

また、ミスが発生するポイントも非常にたくさんあります。 
例えば、 
・請求書作成と送付状作成が別なので、実際の枚数と送付状の内容が間違っている 
・封筒の宛名と封入する請求書が間違っている 
など。

特に封入する請求書が間違っていると大きな問題になってしまいます。 


エクセル請求書+PDFメール送付の場合 

エクセルで請求書を作成し、PDFをメールで送付する場合、以下の作業が必要になります。 

1. エクセルファイルを開き、請求書を作成する 
2. 請求書の内容を確認し、問題がなければPDF保存する 
3. 上記を発行枚数分だけ繰り返し 
4. 宛先ごとにメールを書き、PDFを添付して送信する

エクセル請求書+郵送よりは多少ましですが、1つ1つファイルを開いてPDFにしていくのは非常に手間ですし、メールを送る際に添付するファイルを間違えるリスクもあります。請求書を間違えて添付してしまうと大きな問題になってしまいますので、非常に気を使うことになり、実際にかかっている時間よりも時間を取られているような印象を受けます。 

また、まだまだ「請求書原本を郵送する」必要があるお客さまも多いのではないでしょうか。


請求書作成サービスからメール・郵送 

最近の請求書作成サービスは、画面上からメールを送ることができたり、郵送代行機能があります。そのため、以下のような作業内容になることが多いです。 

1. 請求書を作成する 
2. 請求書の内容を確認し、問題がなければメール送信または郵送依頼登録する 
3. 上記を発行枚数分だけ繰り返し 

上記の通り、エクセル請求書に比べて手順は大幅に短縮できますし、メールへの添付間違いや封筒への封入間違えなどのリスクもほぼなくなります。 


boardを使って、一括メール送信・郵送登録 

クラウド型業務・経営管理システム「board」では、メール送信・郵送を「一括」で送る操作をしやすいような設計になっており、月末の請求書送付業務を大幅に軽減することができます。 

一覧から複数選択して一括郵送登録 

boardの請求一覧は、下記のように、「請求月」で一覧表示されます。この一覧に表示されている内容が、今月請求書を送付する必要があるもので、ひと目で把握することができます。


そして、左側のチェックボックスにチェックを入れ、「郵送依頼」するだけで、自動的に印刷・封入封緘して郵送されます。 

また、下図のように「郵送」で送る顧客のみを選択することも可能なので、ほんの数クリックで今月分の請求書を簡単にまとめて郵送することができます。 


一覧から複数選択して一括メール送信 

郵送と同様に、メールも請求一覧から一括でメール送信することができます。 

対象を選択し、「メール送信」ボタンをクリックすると、下図のようなメールダイアログが表示されます。


ここでは「差し込み文字」が使えるため、メルマガなどように、顧客名・担当者名・案件名などを自動的に置き換えて一括配信することができます。 また、よく使う文面を「テンプレート」として登録しておくことができるので、それを呼び出すだけで、すぐにメールを送ることができます。

このような仕組みになっているため、メールでのPDF送付も簡単に数クリックで全部終わらせることができます。 

もちろん、メール送信・郵送後は自動的に請求済みのステータスになるので、請求漏れや二重送信も防げます。

送付状付きで一括印刷して自分で郵送

郵送代行機能がありますが、もちろん自分で印刷して郵送する場合でも一括処理を想定した作りになっています。

前述の請求一覧で対象を選択し、「送付状」のチェックを付けて出力すると、自動的に送付内容が入った送付状が生成されます。しかも宛先ごとにそーとされ、送付状が差し込まれた状態で出力されるので、それを印刷し、あとは順番に封筒に入れていくだけです。

窓付き封筒レイアウトにも対応しているので、窓付き封筒を使えば宛名間違いのリスクもなくなります。

当初から一括操作を前提で作られたシステム 

boardは、様々な業務を一括操作できるようになっていますが、これは、開発当初から、「1回の操作で請求業務が終わるようにしたい」というコンセプトのもと、同じ操作を繰り返すのではなく、一括で操作できるような作りになっています。 

これは、boardが、請求書を作成するという機能を提供しているシステムではなく、月末・月初に大量の請求書を発行するという「業務全体」を効率化するための業務システムとして作られているからです。 

boardは、30日間無料で全ての機能をお試し頂けますので、ぜひboardの業務効率化の仕組みを体感してください。 

Board banner big green

board事例インタビュー

業務に必要な機能は全て揃っていて、分析で気づきを与えてくれる。そしてこれだけの機能をこの価格で使えるのは驚き。
アクティア 取締役COO 高崎氏

案件ごとに情報がまとまっているので、boardを見ると案件の状態を把握できます。boardは、業務に必要な機能は全て揃っていて、分析で気づきを与えてくれる。そしてこれだけの機能をこの価格で使えるのは驚き。

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です

board - 請求書、見積書、発注書作成発行・クラウド経営管理

ソーシャルメディア

Board survey graph banner 2