書類の自動一時保存機能を追加


見積書・請求書等の書類登録画面で、自動一時保存機能を追加しました。

これにより、誤って別の画面移動してしまったり、ブラウザを閉じてしまった場合でも、直前の状態に復旧することができます。


自動一時保存の仕組み

見積書・請求書などの書類登録画面で、10秒毎に、自動的に入力中の明細・備考を自動的に一時保存します。
*この自動保存は、「一時保存」ですので、書類のデータそのものに反映されるものではありません。


一時保存データがある場合、書類登録画面に行くと、下記のような表示がでます。

「表示」を押すと、書類登録画面に一時保存されたデータが表示されます。この時点では書類データとしては保存されていませんので、それを保存したい場合は、必ず書類の「保存」ボタンを押してください。

一時保存データが不要な場合は、「破棄」を選んでください。


詳しくは「書類の自動一時保存機能」のヘルプをご覧ください。

board事例インタビュー

使いやすさや教育コストが最重要。その点でboardが1番だった。
エヌ・ケイ・コミュニケーションズ 今野氏

弊社では、選定するにあたって、使いやすさや教育コストの少なさを重視していました。細かい機能よりも、社内のメンバーへ詳しく説明せずに、すぐに見積書等を作成・発行できるという点が一番重要で、その点で、boardが一番直感的で使いやすかったため、使うことに決めました。

続きを読む
‹‹ 顧客・顧客担当者・発注先・発注先担当者のアー... 案件・発注にファイルをアップロードして保管す... ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です