古いバージョンのMicrosoft Edge(バージョン18以前)のサポートを終了しました

以前に予告しましたとおり、boardでは、2020年10月18日をもってバージョン18以前のEdge(以下「旧Edge」)のサポートを終了しました。今後は旧Edgeでboardをご利用頂くことはできませんので、ご了承ください。

 

旧Edgeサポート終了の経緯については、以前のお知らせ記事「ブラウザ「Microsoft Edge」の古いバージョンのサポート終了について」をご覧ください。

 

乗り換え先のブラウザについて

旧Edgeをご利用の方は、恐れ入りますが、Google ChromeFirefox新しいバージョンのEdgeのいずれかのブラウザをお使い頂きますようお願い致します。

 

現在boardをお使いのお客様の内、最も利用されているブラウザはGoogle Chromeですが(全体の約8割)、その他にFirefox・Edgeでもboardをお使い頂くことができます。

なお、新しいバージョンのEdgeは、Windows Updateを通じて配信されています。自動アップデートを止めている場合は、手動のアップデートで新しいバージョンのEdgeに置き換えることができます。

 

新旧Edgeの見分け方

新しいEdgeでは、下図のようにロゴが変更されています。現在お使いのEdgeの新旧を判別する際にはロゴをご確認ください。(左:従来のEdge、右:新しいEdge)

 

 

また、従来のEdgeはバージョンが18、新しいEdgeはバージョンが2020年10月6日時点で85となっており、バージョン体系が大きく異なりますので、そちらからご確認頂くことも可能です。

一覧に戻る
書類編集画面で、各行の「下に行追加」ができる... ››