ブラウザ「Microsoft Edge」の古いバージョンのサポート終了について

2020年10月18日以降、古いバージョンのEdgeではboardをご利用頂けなくなります。現在これをお使いの方は、お早めの切り替えをお願い致します。

マイクロソフトが提供するブラウザ「Microsoft Edge」では、2020年1月15日にリリースされたバージョンから実行エンジンが刷新され、それ以前とは根本的に異なる仕組みに変わりました。

これにより、以前にもお知らせしたとおり、旧バージョンのEdgeは現時点でもサポート対象外ですが、2020年10月18日以降はboardをご利用頂けなくなりますので、ご注意ください。

 

新しいEdgeはWindows Updateを通じて自動配信されますので、まだ従来のEdgeをご利用中の方はWindows Updateをご確認ください。

 

新旧Edgeの見分け方

新しいEdgeでは、下図のようにロゴが変更されています。現在お使いのEdgeの新旧を判別する際にはロゴをご確認ください。(左:従来のEdge、右:新しいEdge)

 

 

また、従来のEdgeはバージョンが18、新しいEdgeはバージョンが2020年8月13日時点で84となっており、バージョン体系が大きく異なりますので、そちらからご確認頂くことも可能です。

一覧に戻る
‹‹ メール送信履歴画面の表示内容の変更 「お問い合わせ担当」の導入について ››