インボイス制度(適格請求書フォーマット)対応をベータ版としてリリースしました

インボイス制度の適格請求書フォーマット対応をベータ版としてリリースしました。

 

今回のリリースでは、以下の表示に対応しています。

  • 適格請求書発行事業者の登録番号の登録・表示
  • 書類上に税率別内訳(税抜金額、消費税額、税込金額)の表示
  • 書類ごとに「標準形式」または「適格請求書形式」の選択項目を追加

 

詳しくはヘルプをご覧ください。

 

当機能のベータ版の位置づけについて

当機能は、現時点ではベータ版としてリリースされています。

2023年10月のインボイス制度開始までに、ユーザー様から頂くフィードバックや、国税庁からの情報等を元に、表示内容や仕様に変更が生じる可能性があります。あらかじめご了承ください。

 

発注先に「登録番号」の追加

支払通知書をもって仕入税額控除を行う場合、支払通知書に発注先の「登録番号」を表示する必要があるため、発注先に「登録番号」を入力できるように項目が追加されています。

これに伴い、発注先CSV一括登録に「登録番号」が追加されています。従来のCSVフォーマットでデータを作成している場合は、最新のCSVフォーマットに合わせて修正して頂きますようお願い致します。

 

一覧に戻る
‹‹ サポートの実績報告(2022年6月) 住所関連の項目名の変更について ››