書類のバージョン管理機能(変更履歴・ブランチ機能)をリリース



書類のバージョン管理をリリースしました!

書類のバージョン管理機能では、各書類の変更履歴の自動保存、差分表示、履歴から戻すことができます。(変更履歴機能)
また、見積書のみ、1つの案件で別パターンの見積書を作成することができる「ブランチ機能」を利用することができます。
*特許出願中


標準で使える機能と有料アドオン

標準では、書類の変更履歴の保存(5件まで)のみ利用することができます。

有料アドオン(月額540円)を有効にすると、以下が利用できるようになります。
・変更履歴の保存が最大20件までに拡張
・現在のデータと履歴データの差分表示
・履歴からデータを戻す
・見積書のみ、
1つの案件で複数バージョンの見積書を作成することができる「ブランチ機能」


*有料アドオンは、通常の月額利用料に加算されるため、アドオン有効後、次回課金日までは無料でお試し頂けます。


変更履歴

特に見積書は、お客さまとのやり取りの中で、何度か修正して再提出するケースがあるかと思います。そのような場合、変更履歴として自動的に記録されますので、後から以前の状態や差分を確認したり、戻したりすることができます。

変更履歴は、書類登録画面から保存したタイミングで自動的に記録されますが、保存時に、以下のようにコメントを残すことができるようになっています。変更内容の説明などを残しておくと、後から確認する時に便利です。



変更履歴の一覧は、コメント欄の右側にある黄色いボタンから確認することができます。変更履歴は、下図のようなダイアログで表示されます。




差分表示

最新データと履歴データの差分を表示することができます。差分の表示は、前述の変更履歴一覧上にある「差分」ボタンを押してください。

以下のように、左に履歴データ、右に現在のデータが表示され、変更箇所がハイライトされます。



見積書のブランチ

見積書のみ、「ブランチ機能」を利用することができます。ブランチ機能は、1つの案件で複数パターンの見積書を作成する場合にご利用頂く想定の機能です。



例えば、1回の提案の中で、条件が異なる複数の見積もりを提出するケースがあるかと思います。そのような場合、これまでは案件をコピーして別案件として作成する必要がありましたが、ブランチ機能を使うことで、1案件の中に複数の見積もりを持つことができるようになります。

ブランチの作成は、以下のメニューから作成することができます。(見積書のみ、ブランチボタンが表示されています)



「ブランチ作成」メニューをクリックすると「ブランチ名」を入力するダイアログが表示されますので、わかりやすい名称を使えてください。ブランチ名は、ブランチの切り替え時に表示されます。(上図の「テスト1」「テスト2」「テスト3」がブランチ名)

ブランチの切り替えは、上図のブランチ名を選択すると切り替えることができます。


詳細は「書類のバージョン管理機能(変更履歴・ブランチ機能)」のヘルプをご覧ください。

board事例インタビュー

プロジェクト単位での管理が業務にフィット。書類発行にかかる時間が半分以下に
ギルドワークス 代表 市谷氏、スクラムマスター 中村氏

使い勝手だけでなく、boardのコンセプトも好きです。ドッグフーディングを実施している事もいいな、と思っていました。私たちも新しいサービスを自社で開発していることもあって、boardの開発姿勢にも共感が持てたんです。

続きを読む
‹‹ 案件情報に「受注日」を追加 PDFの「編集不可」属性の一時無効について ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です