このお知らせは、公開から半年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。
機能についての最新の情報はヘルプをご覧ください

納期変更時に納品日にも反映する設定の追加

案件情報の「納期」を変更した際に、「納品日」にも同じ日付を自動的に反映できるようになりました。

 

「納期」と「納品日」は、従来は同一の項目でしたが、昨年11月のリリースで、

納期:納品予定(期限)で、案件編集画面で指定
納品日:実際に納品した日で、納品書編集画面で指定

という形で別項目となりました。

納期と納品日は、予定と実績ですので異なる可能性があるため分離したのですが、常に同一の日付として運用をされているケースですと、「納期」と「納品日」が分離したことにより二度手間になってしまっていました。

そのため、「納期」変更時に「納期の日付を納品日にも反映」というオプションを選択できるようにしました。

 

納品日にも反映チェック

案件編集画面の「納期」欄に、下図のように「納期の日付を納品日にも反映」というチェックがあります。

「納期」変更時にこのチェックを付けて登録すると、同じ日付が納品日にも反映されます。

 

 

なお、以下の条件の場合は、このチェックは表示されません。

・新規登録時(新規登録時は自動的に納期の日付が納品日に反映されます)
・定期請求・分割請求で複数納品書のケース(複数納品書の場合は、納期ではなく請求日が納品日にセットされる仕様ですので、納期からの反映はされません)

 

「納期の日付を納品日にも反映」をデフォルトONにする

「納期の日付を納品日にも反映」のチェックをデフォルトでチェックされた状態にしたい場合は、上メニューの「ユーザ名表示部分→デフォルト設定」にて「納期を納品日にも反映」をONにして頂ければ、デフォルトでチェックが付いた状態になります。

参考:デフォルト設定について

board事例インタビュー

ドッグフーディングされているから洗練されている。重要なのは日々業務を行う担当が運用しやすいかどうか
株式会社時雨堂 Founder @voluntas

業務系のシステムはあるものは当たり前に受け入れられて、困ったり足りないものがあると、そこが目立つものだと思います。『board』はきちんと、ドッグフーディング(作成したサービスを開発者が自ら使用すること)しているんだな、ということがシステムをみても対応を見ても、伝わってきますね。

続きを読む
‹‹ 書類が複数ページにわたる場合にフッタにページ... サポートの実績報告(2018年1月) ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る