合計請求書(合算請求書)機能をリリース



ご要望が多かった合計請求書機能をリリースしました。

同一顧客宛の複数の請求書を1つにまとめることができます。

請求一覧から合計請求書を作成

合計請求書は、請求一覧から作成することができます。

合算したい対象の請求データを選択し、「合算ボタン」を押してください。(詳しくはヘルプをご参照ください)




合計請求書一覧で管理する

新たに「合計請求書一覧」という画面が追加されています。



合計請求書一覧上で、請求一覧同様、ステータスの変更や印刷・メール送信などができます。
請求ステータスを変更すると、元になっている請求データのステータスも連動して変更されます。


合計請求書は請求データとは別データ

合計請求書を作成しても、元の請求書はそのまま残り、合計請求書はあくまで発行用に別途作成する、という位置づけになっています。これは、案件ごとの請求情報を残しておき、あとから確認できるようにするためです。

売上の集計は、合計請求書のデータではなく請求書のデータを元に集計します。

もし、合計請求書で金額を変更する場合は注意してください。


詳しい操作・仕様はヘルプ「合計請求書(合算請求書)の作成・発行」をご覧ください。


board事例インタビュー

ドッグフーディングされているから洗練されている。重要なのは日々業務を行う担当が運用しやすいかどうか
株式会社時雨堂 Founder @voluntas

業務系のシステムはあるものは当たり前に受け入れられて、困ったり足りないものがあると、そこが目立つものだと思います。『board』はきちんと、ドッグフーディング(作成したサービスを開発者が自ら使用すること)しているんだな、ということがシステムをみても対応を見ても、伝わってきますね。

続きを読む
‹‹ 機能のON・OFFを設定できる「詳細設定」機... CSV一括登録機能追加、その他細かい改善5件 ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です

board - 請求書、見積書、発注書作成発行・クラウド経営管理

ソーシャルメディア