顧客一覧・発注先一覧のCSVダウンロードに含める項目や位置を定義できるようになりました

先日アナウンスしました通り、CSVダウンロード機能について、CSVの項目や位置を定義できる機能に段階的に切り替えており、今回は顧客一覧と発注先一覧が対象です。

その他の画面については、今後段階的に数画面ずつ切り替えていきます。

機能の詳細については、ヘルプをご覧ください。

 

既存のCSVとの変更点について

今回のCSVダウンロード機能のリニューアルに伴い、以下の仕様変更が生じています。

  • デフォルトの状態(ご自身で定義を設定していない状態)では、すべての項目が出力されます。今回のリニューアルでは新たに追加された項目もあり、初期状態ではその新規項目もすべて追加された状態ダウンロードされます。
  • boardに半角カナで登録している場合、従来のCSVでは全角カナに置き換わっていましたが、半角カナのままダウンロードできるようになります。
  • データ件数が一定以上になる場合、ZIPで圧縮したファイルになります。
  • これまでのように同じ画面内でダウンロードされる方式ではなく、ダウンロード画面に遷移する方式に変わります。詳細はヘルプをご覧ください。
  • 以下の項目について、1行目の項目名が変更になりました。
    • 顧客一覧
      • 顧客略称→顧客略称名
      • TO→To
      • CC→Cc
    • 発注先一覧
      • 発注先略称→発注先略称名
      • TO→To
      • CC→Cc
  • 各種の関連設定に連動していた項目が、新設された「CSVダウンロード項目定義」の設定に依存するようになります。
    • たとえば、「会計用名称・コード」という項目は会計連携機能が有効になっている場合のみCSVに含まれていました。しかし、新しい仕組みでは会計連携機能のON/OFFに関わらず、「CSVダウンロード項目定義」の設定に依存します。そのため、不要な項目(未使用の項目)がある場合は、「CSVダウンロード項目定義」画面でチェックを外してください。

 

旧フォーマットにおける項目と位置

以下は従来のCSVフォーマットの項目と並び順です。以前と同じフォーマットで出力したい場合は、以下を参考に「CSVダウンロード項目定義」画面で設定してください。

<顧客一覧>

  • 顧客名
  • 顧客略称
  • 敬称
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 住所1
  • 住所2
  • TEL
  • FAX
  • 支払条件
  • 振込手数料
  • NDA
  • 基本契約
  • 書類送付方法
  • 備考
  • タグ
  • 法人番号
  • TO
  • CC
  • 顧客番号
  • デフォルト振込口座
  • 登録日時
  • 更新日時
  • デフォルト和暦表示 *和暦表示がONの場合のみ
  • 会計用名称・コード *会計連携機能がONの場合のみ

 

<発注先一覧>

  • 発注先名
  • 発注先略称
  • 敬称
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 住所1
  • 住所2
  • TEL
  • FAX
  • 支払条件
  • 源泉徴収
  • 振込手数料
  • NDA
  • 基本契約
  • 書類送付方法
  • 備考
  • タグ
  • 法人番号
  • TO
  • CC
  • 発注先番号
  • 登録日時
  • 更新日時
  • デフォルト和暦表示 *和暦表示がONの場合のみ
  • 会計用名称・コード *会計連携機能がONの場合のみ
一覧に戻る
源泉徴収一覧・計上データ出力のCSVダウンロ... ››