合計請求書一覧・案件原価一覧のCSVダウンロードに含める項目や位置を定義できるようになりました

先日アナウンスしました通り、CSVダウンロード機能について、CSVの項目や位置を定義できる機能に段階的に切り替えており、今回は合計請求書一覧と案件原価一覧が対象です。

その他の画面については、今後段階的に数画面ずつ切り替えていきます。

機能の詳細については、ヘルプをご覧ください。

 

既存のCSVとの変更点について

今回のCSVダウンロード機能のリニューアルに伴い、以下の仕様変更が生じています。

  • デフォルトの状態(ご自身で定義を設定していない状態)では、すべての項目が出力されます。今回のリニューアルでは新たに追加された項目も多くあり、初期状態ではその新規項目もすべて追加された状態ダウンロードされます。
  • boardに半角カナで登録している場合、従来のCSVでは全角カナに置き換わっていましたが、半角カナのままダウンロードできるようになります。
  • データ件数が一定以上になる場合、ZIPで圧縮したファイルになります。
  • これまでのように同じ画面内でダウンロードされる方式ではなく、ダウンロード画面に遷移する方式に変わります。詳細はヘルプをご覧ください。
  • 以下の項目について、1行目の項目名が変更になりました。
    • 合計請求書一覧
      • 顧客→顧客名
      • 顧客支社→顧客支社名
      • 入金予定日→支払期限(画面上の表記と統一)
    • 案件原価一覧
      • 顧客→顧客名
  • 案件原価一覧で、画面とCSVでソート順が異なっていたため、画面と同じソート順に変更
  • 案件原価一覧の登録日時・更新日時が、案件自体の登録日時・更新日時になっていたため、案件原価の日時に変更
  • 各種の関連設定に連動していた項目が、新設された「CSVダウンロード項目定義」の設定に依存するようになります。
    • たとえば、「会計区分」という項目は会計連携機能が有効になっている場合に利用できる項目のため、これまでは会計連携機能が有効になっている場合のみCSVに含まれていました。しかし、新しい仕組みでは会計連携機能のON/OFFに関わらず、「CSVダウンロード項目定義」の設定に依存します。そのため、不要な項目(未使用の項目)がある場合は、「CSVダウンロード項目定義」画面でチェックを外してください。

 

旧フォーマットにおける項目と位置

以下は従来のCSVフォーマットの項目と並び順です。以前と同じフォーマットで出力したい場合は、以下を参考に「CSVダウンロード項目定義」画面で設定してください。

<合計請求書一覧>

  • 合計請求書No
  • 件名
  • 顧客
  • 顧客支社
  • 顧客担当者(姓)
  • 顧客担当者(名)
  • 請求金額
  • 消費税
  • 合計
  • 源泉徴収税
  • 請求日
  • 入金予定日
  • 請求ステータス
  • グループ
  • 担当者(姓)
  • 担当者(名)
  • 支払方法
  • 請求金額(JPY・税抜)*英語外貨アドオンが有効な場合のみ
  • 請求金額(JPY・税込)*英語外貨アドオンが有効な場合のみ

 

<案件原価一覧>

  • 案件No
  • 案件名
  • 顧客
  • 原価内容
  • 金額
  • 請求日
  • 支払日
  • 受注ステータス
  • 管理番号
  • 登録日時
  • 更新日時
一覧に戻る
‹‹ サポートの実績報告(2021年10月) 発注一覧・支払一覧のCSVダウンロードに含め... ››