新しい会計連携機能で弥生会計オンラインに対応しました。

弥生会計オンラインの消費税率10%および軽減税率対応に伴い、2019年8月25日にリリースしたboardの新しい会計連携機能において、弥生会計オンライン連携もご利用頂けるようになりました。

*弥生会計オンライン連携は、従来の会計連携機能では対応していませんでしたが、新しい会計連携機能から新たに対応しました。

 

機能の概要

boardの会計連携機能は、日々の業務で登録された請求・支払のデータに対して、条件を指定してデータ変換することにより、勘定科目・補助科目・税区分などを出力できる仕組みです。

弥生会計オンラインに対しては、「勘定科目」「補助科目」「取引先」「税区分」「計上日」「摘要」として出力する内容を設定することができます。

また、同一請求書内に複数の税率(例:8%・軽減8%・10%など)を含むケースにも対応しています。

 

詳しくは、下記のヘルプをご覧ください。

会計連携機能の概要
会計システム向けデータ出力の共通設定
会計データ設定の設定例
弥生会計オンライン向けCSVデータ出力

 

一覧に戻る
‹‹ サポートの実績報告(2019年9月) 定期請求・定期支払の「契約期間」の項目名を「... ››