透過の社印画像の作成について


boardで捺印済みの見積書や請求書を出力するには、透過の社印画像を登録しておく必要があります。

お持ちの社印を紙に捺印しスキャンしただけだと白背景の画像となってしまい、書類出力時に、社印画像の下に文字が隠れてしまうことがあります。

自社で透過処理を行うことが難しい場合は、以下のいずれかの方法をご検討ください。


方法1:弊社にて社印画像透過処理の代行

スキャンした社印画像を、弊社にて、無償で社印の透過処理を行います。


■対象
boardの有料登録(クレジットカード登録)をしている方

■お申し込み方法
通常のお問い合わせ(ログイン後のチャット)から社印画像を添付の上、ご連絡ください。



■注意点
紙に捺印し、それをスキャンした画像をお送り頂くにあたって、以下の点をご注意ください。
・白い紙に捺印したものをスキャンしてください
・できるだけ鮮明に捺印したものを使用してください
・スキャンの際、できるだけ高解像度でスキャンしてください

なお、スキャンした画像の状態によってはうまく透過処理できない場合もありますので、予めご了承ください。

*スキャンできない場合は、紙に捺印したものを郵送頂ければ、こちらでスキャンして処理致します。その場合は、郵送頂く前に、一度、お問い合わせからその旨ご連絡ください。

■透過処理について
社印画像の透過処理は、画像加工サービス「zenfotomatic」のご協力のもと提供しています。

なお、透過処理をするにあたって、色が薄い場合は多少コントラストを調整させて頂く場合がありますので予めご了承ください。



方法2:電子印用の社印画像を作成

見積書や請求書に押印する角印は、印鑑登録されているようなものではありませんので、実際の角印とは別に電子印用に作成する方法もあります。別途電子印用に社印画像を作成すると、スキャン画像に比べて見栄えが綺麗になるというメリットがあります。

弊社では、この別途電子印を作成する方法を取っており、参考までに、弊社で利用した社印画像を作成したサイトを紹介紹介致します。

*なお、弊社で利用実績があるため紹介しており、特にboardと提携しているというわけではありませんので、ご利用に際してはご自身の判断でご利用ください。また、前述の社印の透過処理とは異なり、無償ではありません。



出典:京印章シーオージェイピー


「京印章シーオージェイピー」は、京都の老舗の印章店で、電子印鑑の作成も行っています。大きな特長が、電子印鑑も通常の印鑑と同様のデザイン工程で作成されるため、印影の非同一性が確保されています。

京印章シーオージェイピーの電子印鑑作成サービス


boardでお使い頂くにあたっては、以下をお勧めしています。

■商品の種類:法人角印(4,500円) / 個人認印(1,500円) *価格は記事執筆時点

■書体:お好みで

■ファイルタイプ:印鑑透過タイプ[標準](PNG形式)/ 印鑑透過タイプ[濃い目](PNG形式)

濃さが「標準」「濃い目」を選択できます。参考までに、実際にそれぞれで作成したものです。



boardをお使い頂くにあたって、社印画像の準備でお困りでしたらお気軽にお問い合わせください。

board事例インタビュー

書類作成作業が効率化され、見積もり依頼の急増にもスムーズに対応
シャムロック・レコード 代表取締役 青木秀仁氏

たまたまboardを導入した直後から、急に見積り依頼を頂くことが増えたのですが、boardのおかげで、見積り依頼があったらその場の流れですぐに見積書を作成できるので、導入していなかったらどうなっていたんだろうという感じです。

続きを読む
‹‹ タグ管理画面を追加 書類テンプレート・送付状テンプレート・メール... ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です