発注情報の金額を変更しても発注書に反映されません

発注情報から発注書への金額の反映は、新規登録時のみで更新時には反映されない仕様になっています。

発注編集画面で金額を変更した場合に書類の金額に反映してしまいますと、書類の明細と合計があわないことになってしまいます。

 

たとえば、発注書に以下の内容が登録されていたとします。

 

この状態で、発注編集画面で200,000円(216,000円)に更新した場合、この金額を発注書に反映すると以下のように明細の合計とずれてしまいます。

 

そのため、発注情報から発注書への反映は、新規登録時のみとなっています。

 

この状況の対応は、発注書を使用するかどうかによって変わります。

<発注書を使用する場合>
発注書を使用する場合は、発注情報の金額ではなく書類編集画面の方を更新してください。

一括支払の場合は、書類編集画面で変更した合計金額が、自動的に発注情報の金額にも反映されるようになっています。

なお、定期支払・分割支払の場合は、1回あたりの支払金額と発注書が一致するとは限らないため、自動的には反映されません。発注情報と発注書をそれぞれ変更してください。

<発注書を使用しない場合>
発注書を使用しない場合は、発注書の方は無視して頂いて問題ありません。

一覧画面や集計機能に表示される金額は発注情報の金額となります。



‹‹ 支払日が休日の場合、自動的に前営業日を支払日...
一覧に戻る