顧客・発注先・案件区分・発注区分などの削除ボタンが表示されず、削除できません

顧客・発注先などのマスター情報は、案件・発注・各書類の書類上の宛先・送付先などで使用されている間は削除できないようになっています。

 

案件に紐付くもの

対象

顧客・顧客支社・顧客担当者・支社・グループ・支払条件・案件区分・会計区分

削除対象の検索方法

上記のデータは、案件・合計請求書に紐付いている間は削除することができません。そのため、削除したい場合は、案件や合計請求書でまったく使用されていない状態にする必要があります。

対象の案件を探すには、案件一覧・合計請求書一覧で検索条件を指定して検索してください。

なお、案件一覧で検索する際、「失注」「アーカイブ」のものはデフォルトでは表示されません。これらについては、下記の方法で検索してください。

 

上記の方法で見つからない場合、顧客名などが同名で複数登録されていて、使用していない方を指定している可能性があります。同名で複数登録している項目がないか、ご確認ください。

 

発注に紐付くもの

対象

発注先・発注先支社・発注先担当者・支社・グループ・支払条件・発注区分・会計区分

削除対象の検索方法

上記のデータは、発注に紐付いている間は削除することができません。そのため、削除したい場合は、どの発注でも使用していない状態にする必要があります。

対象の発注を探すには、発注一覧で検索条件を指定して検索してください。

発注一覧で検索する際、「見送り」「アーカイブ」のものはデフォルトでは表示されません。これらについては、下記の方法で検索してください。

 

上記の方法で見つからない場合、発注先名などが同名で複数登録されていて、使用していない方を指定している可能性があります。同名で複数登録している項目がないか、ご確認ください。

 

ユーザーに紐付くもの

対象

カスタム権限

削除対象の検索方法

カスタム権限はユーザーと紐付けることができ、これが紐付いている間は削除することができません。これらを削除したい場合は、ユーザーで未使用な状態にする必要があります。

ユーザーの設定状況については、ユーザー管理画面(上メニューから「組織設定→ユーザー管理」)でご確認ください。



‹‹ Google ChromeでPDF出力すると... 導入検討に必要なチェックシートに回答して頂けますか ››
一覧に戻る