案件区分や支払条件など、一覧で並び替える際にページをまたぐ並び替えができません

一覧上に表示されているものを並び替える仕組みのため、ページをまたいで並び替えたい場合は、1ページあたりの表示件数を変更して並び替えてください。

*並び替えは、一覧の右側にある三本線のアイコンをドラッグ&ドロップして行います。

 

登録件数に応じて対応方法が異なりますので、以下、それぞれについて説明します。

 

登録件数が100件以下の場合

一覧画面の表示件数は、デフォルトでは20件ですが、最大で100件まで表示することができます。登録件数が100件以下の場合は、表示件数を100件に設定して並び替えてください。

案件区分一覧のスクリーンショット。一覧右上の選択リストで表示件数を切り替えられます。

 

登録件数が101件以上の場合

登録件数が101件以上あり、101件目以降にあるものを1ページ目に移動したい場合は、表示件数「70件」を使用します。

以下では例として、表示件数を「100件」にした状態で2ページ目にある101件目のものを、1ページ目に移動する手順を説明します。

表示件数を「100件」にした場合、下図のように、101件目のものは2ページ目の1件目として表示されます。この状態では、これ以上前(1ページ目)に移動することはできません。

 

このような場合は、表示件数を「70件」に変更してページを移動します。20件・50件のように100の約数の表示件数ではページをまたげませんので、「70件」を使用してください。

「70件」の表示にすると、下図のように101件目のものが2ページ目の途中に表示されます。この状態で、100件目以内の位置に移動してください。

案件区分一覧のスクリーンショット

 

たとえば、101件目のものを100件目と入れ替えて表示件数を「100件」に変更すると、下図のように、1ページ目に移動した状態になります。このようにすることで、ページをまたいで移動することができます。

 



‹‹ 支払条件の設定内容を変更できません
一覧に戻る