見積書や請求書で値引き(マイナス金額)を入れたいのですが、可能ですか。

「値引き」専用の欄は設けていませんが、「単価」にマイナス金額を入力できますので、

摘要:値引き
数量:1
単価:マイナスの金額

というかたちでご入力ください。

 

マイナス金額を入れる際の注意事項

boardでは、消費税を計算する際に、まず「各税率ごとの税抜金額の合計」を計算し、それに対して税率ごとの消費税額を算出します。

書類編集画面は、明細行ごとに税率を指定できる仕組みですので、たとえば、

・通常の明細は10%で登録
・値引きのマイナス金額は0%で登録

とすると、別税率となってしまいます。

そのため、マイナス金額の明細行の税率も、値引き対象の明細行の税率と一致させるようにしてください。



‹‹ 見積書や請求書の行数が多い場合、改ページをす... 顧客名をあいうえお順で並び替えることはできますか。 ››
一覧に戻る